#author("2020-12-15T22:40:16+09:00;2011-05-20T07:56:22+09:00","","")
[[ケレボルン]]

-何故か異様に影が薄い。原作では何かをいうとガラドリエルに否定され、映画ではそもそも台詞少なく名前の紹介すらなかった。 -- はげ夫
-エルフの王に指輪は配られた筈なのに、ネンヤを持つのは王であるケレボルンではなくガラドリエルだった。本当に立場がない。 -- はげ夫
--そもそも指輪を渡したケレブリンボールがガラドリエルに対して特別な想いを抱いていた事を示唆されているので、ケレボルンではなくガラドリエルに指輪が渡されたことをキアダンやギル=ガラドの事例と引き合わせるのはお門違いでは…。
-ドル・グルドゥア攻撃の時にローリエンのエルフを率いたらしいからそれくらい活躍させてあげて。 
--しかしドル・グルドゥアの壁を壊すのはガラドリエルだったりする。最後の最後をガラドリエルに奪われるケレボルン…。 -- はげ夫
-原作では銀髪なのだが、映画では金髪にされてしまった。妻と同じにさせられたのか? -- はげ夫
-……映画の彼にもうちょっと台詞をあげて欲しいです……
--SEEではかなり台詞も増えて、やっと存在感が出てきました。 
-UTの出自説の2、アルクウァロンデにいたパターンだと、オルウェの孫となっています。この場合、ガラドリエルとはいとこ同士になってしまうので、イドリルがマイグリンに感じた「やな感じ」の説明が難しくなってしまうような気もします。 -- カイト
-映画では、奥方と一緒に西方へ去っている。まあ確かに映画のあのシーンでガラドリエルだけ西に去っていたら、逃げられたとしか思えんからなあ(笑)。 
-いつも奥方の光に隠れて見えない
-アラゴルンの戴冠式の後、彼との別れの台詞、あれって「(俺とは違って) 嫁さんの尻に敷かれるなよ」という意味なんじゃないかと、下種な勘繰りをしてしまいます。 -- K
--ガラドリエルが西方に去って夫婦別れてしまう自分達のようにならないよう、アルウェンを最後まで繋ぎとめておけ、という忠告でしょうなぁ。まぁ、アルウェンは西方に渡る権利を喪失してるけど、英雄に例外あり、の世界だから。 --  &new{2008-08-11 (月) 12:39:51};
-あまり目立たないけど実は結構頭切れそうなイメージがある。自分の親族を虐殺した存在を許せるだけの寛容さもあるな……うん
-映画で指輪一行がロスローリエンについた後、ケレボルンが「一人足りないな、ガンダルフと話がしたい。」みたいな事を言った時、ガラドリエルに「彼は奈落に落ちたのですね。」って。前後が読めないエルフもいるんだと思いました。影の薄さも実力の差か。。。
--ガラドリエルやエルロンドが特別なのでは・・・? -- 流衣
-奥さんがノルドールなせいかノルドールに対しては寛容っぽいが、ガラドリエルと別行動してまでモリアを避けている辺り、やっぱりドワーフは嫌いらしい。
-これだけ影の薄いエルフの王というのも珍しい。別の意味で貴重な存在?
-ガラドリエルと不釣合いなケレボルンを夫にしてしまったためか、至る所でトールキン教授の苦難の跡が見られるかわいそうなお方。 -- 05 &new{2007-10-15 (月) 01:04:08};
-不謹慎だがクウェンヤ名を見るたび笑ってしまう --  &new{2008-08-08 (金) 01:55:23};
-指輪物語の後書きではケレボルンも最後の船に乗って西に去ったようだから、夫婦の別れではなく一時的な別居に過ぎないのでは? --  &new{2008-10-25 (土) 12:00:18};
--エルフにとっちゃ100年くらい別居しても「今日家内は旅行に行ってまして・・・」くらいの認識では? --  &new{2011-03-21 (月) 18:01:04};
--エルフにとっちゃ100年くらい別居しても「今日家内は旅行に行ってまして・・・」くらいの認識では? --  &new{2011-03-21 (月) 18:01:04};
-シンダールだったら、東大卒の嫁さんもらった高卒みたいなもんだし、これはいろいろ辛いわ。 --  &new{2009-02-18 (水) 22:03:35};
--シンゴルの弟の孫というのは、家柄的にはガラドリエルとも十分釣り合うんですけどね。祖父同士が兄弟(あるいは同一人物)なわけですから。ただ、ガラドリエルはその華麗なる一族にあってさえ、才覚・美貌が飛びぬけてるとされる人なので、それは確かに辛い。まぁ、当人同士はラブラブみたいだから別にいいんでしょうけど。 --  &new{2009-02-21 (土) 01:00:09};
-特にどこが優れてるとも悪いとも言われない珍しいエルフ。武勇にも詩吟にも手の技にも優れない王は珍しい --  &new{2011-12-26 (月) 07:14:40};
-- 彼もそれなりの技量があったと思うけど奥方があまりにも際立っているため、その影に隠れている感じがしてならない。  --  &new{2011-12-28 (水) 14:53:26};
--よく軍勢を率いているので、指揮官として有能だったのではないかと思います。撤退や足止めされることこそあれ、敗北したという記述は確か一度もありませんでしたし。でもやっぱり描写がさりげなさすぎて……。 --  &new{2012-02-12 (日) 13:44:40};
--ガラドリエルの夫になるって結構凄いと思いますよ。あのフェアノールさえ邪険に扱っちゃう印象のガラ様。普通お嫁さんに 出来るかな?凄い強いハートと熱い愛があるんだろうなあ。 --  &new{2014-03-04 (火) 10:41:36};
--ドリアス崩壊から、これだけ大戦争に巻き込まれても五体満足でピンピンしているどころか、直属の部下もきちんと生還させて発言力を保つ驚異の生存力と引き際の判断力、そして強運の持ち主。意地を張り過ぎて自滅に近い最期を遂げた者の多い第一紀のエルダール王族の中でも、その手の失敗をせずに適切な判断力を保ち続けたのは凄い。 --  &new{2014-12-16 (火) 21:54:05};
-最初読み間違えてケレルボンだと思っていました --  &new{2012-02-12 (日) 04:50:02};
--クラムボンみたいだな --  &new{2012-06-22 (金) 22:23:09};
---ケレボルンは、わらつたよ……なんか不気味だw --  &new{2012-10-10 (水) 22:03:41};
-映画でアラゴルンがラーツと死闘を演じた際に使った短剣は、この短剣かな?ラーツが投げた短剣を打っちゃいましたが回収したんだろか --  &new{2012-02-13 (月) 00:26:04};
--回収してます。エオウィン姫の剣を受ける際、使用しています。 --  &new{2012-02-13 (月) 09:57:39};
---黒門前でトロルと戦ったときにも使ってなかったかな --  &new{2012-02-13 (月) 22:37:09};
--足首にグサッと入れてましたね。ただそのあと取り戻せたかは不明です。鷲の到来と、火山の噴火があったので --  &new{2012-06-22 (金) 21:43:43};
-どういう経緯で奥方と知り合って、ラブラブになったのか気になる --  &new{2013-01-27 (日) 14:51:13};
--ガラ様はメリアン様の元で中つ国について勉強してましたからね。それにガラ様の母上はシンゴル王の姪に当たりますし、同じ血筋の親戚として紹介さたのかもしれませんな。ちなみにケレ様の方は絶対に一目惚れだと思いますw --  &new{2013-01-27 (日) 19:48:54};
-映画『ホビット』には奥方だけ出て来た… --  &new{2013-01-29 (火) 17:56:57};
--違うよきっと最後の憩い館の控え室でお茶をいれて奥様を待っていたんだよ(震え声) --  &new{2014-12-17 (水) 22:25:34};
-結構重要な設定が多いのに当人の影の薄さときたら一体・・・ --  &new{2013-03-11 (月) 16:12:33};
--知り合いの映画ロードから入った人はガラ様が既婚者で夫がこの人だとつい最近になって初めて知りましたよ(笑) --  &new{2014-03-30 (日) 15:32:59};
-ファルマリ出身説(オルウェの孫説)だとガラ様と従兄妹になってしまうのですが、教授はガラ様もオルウェの孫な事を忘れてたのかエルフのいとこ婚禁忌設定を忘れてたのか。 --  &new{2013-07-12 (金) 15:14:35};
--祖父同士が兄弟ということはガラ様とは又従兄妹なのでギリギリセーフなのでは? --  &new{2013-07-12 (金) 21:18:51};
---ケレボルンがシンダールの公子である場合は、ケレボルンはエルウェとオルウェの弟であるエルモの孫として登場するので、ガラドリエルとは又従兄妹になるので禁忌には当たりませんが、ファルマリの王子説の方はケレボルンはオルウェの孫となっているので、ガラドリエルとは従兄妹同士になってしまいます。恐らくはそのためにクリストファー教授はファルマリ説をシルマリルリオンに採用しなかったのでしょうが。 --  &new{2013-07-12 (金) 21:48:56};
-ホビットには出てこないのかな? --  &new{2014-02-02 (日) 11:13:42};
--それは映画を観た読者のみんなの頭に浮かび、そして心の底に封印した疑問です… --  &new{2014-02-02 (日) 22:50:06};
--ロスローリエンのエルフが主力になる(なりますよね?)筈のドル・グルドゥア攻めに期待、としか --  &new{2014-02-02 (日) 22:57:09};
---いやあ~、マークウッドの方が主力になるんじゃない?どうもドル・グルドゥア戦と五軍を一緒にしちゃいそうな気がするのよね。 --  &new{2014-02-02 (日) 23:07:47};
---仮に主力になっても指揮するのは奥方でケレボルンは留守の守りってことになるかも…。 --  &new{2014-02-02 (日) 23:08:33};
---今まさに出撃せんとする奥方の背後から「」 --  &new{2014-02-02 (日) 23:33:29};
---おまいさんっ行っておいで!と火打ち石をコツコツする留守番ケレボルン --  &new{2014-02-02 (日) 23:35:00};
--一瞬でいいから出てきてくれねーかな。引きのショットなら別の役者に代わってもばれないかも --  &new{2014-02-03 (月) 01:01:36};
---いたとしてもエルフその一で済まされる悪寒www --  &new{2014-02-26 (水) 11:16:03};
---いたとして、重要な存在だと思う。ガラドリエルの存在からしても。 --  &new{2014-02-27 (木) 01:00:41};
---後ろ姿だけ出てきたモブが「ケレボルンでした」と設定されるに一票 --  &new{2014-03-13 (木) 12:41:41};
--夫婦そろってロリエンを空ける訳にはいかないからお留守番でしょうね。ガラドリエルがロリエンを発つシーンがあれば、ケレボルンが出るチャンスはあるかもしれない --  &new{2014-03-04 (火) 12:01:23};
--思いがけない冒険のEEでPJは、白の会議にはケレボルンもグロールフィンデルも参加してるが、この二人が今後のシーンで出てくるとは思えないし、登場人物が増えると客が混乱するからカットした、とコメンタリーでいってました・・・ --  &new{2014-03-13 (木) 19:58:25};
---俺が監督でもそうするわな。出す必要性ないもんなあ。ファンの気持ちは分かるけどね。 --  &new{2014-03-13 (木) 21:15:27};
--それでも・・・ ひとときなりとご演じなされるかたがいらしたのはご運がよろしかったのでは? わたくしらもぜったいぐれてやる!! by ゴールドベリ ヨーレス et al. --  &new{2014-06-18 (水) 23:32:05};
--スラちゃんと会話するシーンとかを想像してた。 --  &new{2014-06-19 (木) 13:37:58};
-奥方様はともかく、初対面の小さい人にツっこまれてもこの器の広さよ!…… --  &new{2014-03-30 (日) 14:08:10};
-血筋からしても偉大な人物。ただ影が薄いだけなんだよ… --  &new{2014-12-16 (火) 22:06:16};
--奥様がホビット最終作で大活躍したのでますます影が・・・ --  &new{2014-12-17 (水) 00:45:00};
---映画『ホビット』における設定:奥様大活躍なのに出演させてもらえない。お留守番だったと思われる。 --  &new{2014-12-18 (木) 00:03:52};
-リング日本語版の「予は・・・」っていうとこでコケちゃったよ、○○殿みたいなそういうイメージになってしまって・・・ごめん中つ国では偉大な方なのに。 --  &new{2014-12-18 (木) 09:38:13};
--失言したあとギムリに「ひどい言葉許してーな」と腰の低い謝罪をするあたり無駄にプライド高くなくて、鷹揚で寛容ないい人じゃないかと思った --  &new{2018-02-10 (土) 00:02:40};
-あんなに強い奥方ならそりゃ影も薄くなるわな。冥王もビビって逃げ出すんだもの。 --  &new{2014-12-18 (木) 23:57:52};
-この人が登場するのを信じて「決戦のゆくえ」を観に行ったのに・・・奥様が強すぎて空気だろうけど。 --  &new{2014-12-21 (日) 20:50:36};
--奥様は婿殿にべちょーっとすがりつくとか、ガンダルフと手を握り合い視線を交わし合い別れを惜しみ・・・ --  &new{2015-03-06 (金) 09:52:16};
--「後ろでひたすら応援する係」とか、ほほえましくやってそうではある。 --  &new{2015-03-07 (土) 02:37:14};
--砦の南西数十キロの地点に軍勢を率いて待機してるんですよ。何かあった時のために --  &new{2015-06-03 (水) 08:53:36};
---遠いだろ!と一応突っ込んでおく。もし彼が武装したら槍を使いそうな気がする。槍枠エルフで活躍できたのに・・・ --  &new{2015-07-28 (火) 16:37:38};
---でも実際、外で待機してるってのはあり得ると思いますね --  &new{2015-08-10 (月) 12:00:59};
---それ、ロスロリアンで引きこもり.... --  &new{2015-10-01 (木) 20:17:24};
-なんで奥方と一緒に中つ国を去らなかったんだろう???熟年離婚の危機とか・・・?! --  &new{2015-08-10 (月) 00:41:28};
--別れ際アラゴルンに「願わくばそなたの運命はわが運命と異なることを。そしてまたそなたの宝が最後までそなたとともに留まらんことを!」と言ってるところを見るに、本当にそうなのかもしれません。 --  &new{2015-08-10 (月) 01:04:00};
--いい人だからね。責任感があったんだよ。やっぱり、残る人と残らない人がハッキリしない内は偉い人が皆出て行ったら色々と困るじゃん? --  &new{2020-04-23 (木) 00:49:29};
--水の指輪無しではもはやガラドリエルは中つ国に居られない。指輪無しでも中つ国に居られるほどケレボルンは精神にまだ余裕がある --  &new{2020-11-25 (水) 23:28:03};
-ケレボルンに限らず、指輪に出てくるエルフ達は奥方を含めて来歴が不明瞭な人が多い。 --  &new{2016-06-02 (木) 21:42:34};
--来歴が明瞭なほど活躍してる人は大体みんなとっくに死んでる説 --  &new{2020-10-26 (月) 04:20:55};
-エリザベス女王に対するエディンバラ公みたいな立ち位置 --  &new{2016-06-02 (木) 21:45:45};
-とかく温厚で寛大な印象だけど頑迷高慢なフェアノールを奥方が毛嫌いしてた事考えるとケレボルンを伴侶に選んだのも当然か --  &new{2017-07-15 (土) 00:25:03};
--ケレボルンの方は実は最初はあまり乗り気ではなかったとかだったりして。 --  &new{2017-07-15 (土) 01:12:06};
--自分に似た部分があるからこそ嫌っていたのだろうな。もちろん、奥方のそうした部分は一つの指輪を目の前にしたり、中つ国期間の際の野心あたりにしか窺えないが。 --  &new{2018-12-02 (日) 19:26:35};
--中つ国に帰還して真っ先に死んだフェアノールと最後まで中つ国に留まったケレボルンとの対比が激しい。中つ国の必衰の理に最も耐え抜いていた感 --  &new{2020-12-15 (火) 22:40:16};
-温厚なイメージが強くて、武装している姿が想像できない。闘うとしたら何を用いるのか… --  &new{2017-12-19 (火) 14:44:17};
--「これはとっつぁんのぶんだ!」と言いながらキャベツに包丁を入れ、鍋に叩き込むケレボルンであった…ああ炊事班大将兼一兵卒 --  &new{2018-02-08 (木) 21:49:43};
-「願わくばそなたの運命はわが運命と異なることを。そしてまたそなたの宝が最後までそなたとともに留まらんことを!」 --  &new{2019-01-17 (木) 13:44:38};
--上のセリフだけど、「そしてまた」の前にある文が気になる。個人的には、偉大な嫁をもらった旦那の悲哀だと勘ぐってしまう --  &new{2019-01-17 (木) 13:47:34};
-異名のテレポルノは日本語の発音としても英語の綴りとしても色々ヤバいよね。 --  &new{2019-09-09 (月) 10:42:50};
-映画でももうちょっとだけ魅力的に表現して欲しかったケレボルン… --  &new{2020-11-25 (水) 21:33:28};
--気持ちはわかるがああいう扱いこそケレボルン卿の魅力や持ち味といえなくもない。どういう人物か全くわからんのにどえらいエルフを奥方にして、本人もすごい立場にいるところが。 --  &new{2020-11-25 (水) 21:49:46};