#author("2020-02-13T05:45:28+09:00;2011-05-20T07:56:21+09:00","","")
[[アルヴェドゥイ]]

-このとき北方王国と南方王国が一つに統べられていれば・・・・ -- anduril
--もはや小国になって風前の灯の北方王国の王家で、実績も知名度もないアルヴェドゥイ。対抗馬はゴンドール王家の確かな血筋であり、偉大な将軍で救国の英雄エアルニル二世。分が悪すぎますね。エアルニル二世に王位がいくのが普通でしょうね。 --  &new{2008-04-26 (土) 00:50:17};
--しかしそのすぐ後、エアルヌアの死によって南方王国の王家も断絶。どちらもそれほど悪意があったわけではないのに、野心とプライドの張り合いによって両方に不幸な結果となった・・・ --  &new{2010-12-07 (火) 03:18:25};
--こうみると、エアルヌアが後継ぎを作ろうとしなかったことや、自殺に等しい魔王との戦いに臨んだのは、アルヴェドゥイの死に責任を感じていたのではないか、とも思えてくる --  &new{2010-12-07 (火) 03:21:10};
---魔王「悪い、それはないわ笑」 --  &new{2019-03-19 (火) 10:55:13};
-すごいマイナーな人物だけど、モンゴルのリンダン・ハーンという人物が似てると思う。リンダン・ハーンはモンゴルの正統なハーン位を継承しながら、勢力で他の部族に劣るチャハル部に生まれた。満洲人(清朝)がモンゴルに侵攻する中で内外モンゴルの再統一を主張したものの、結局モンゴルの統一は叶うことなく病死し、モンゴルは清朝に征服されることとなった。 --  &new{2014-02-25 (火) 23:57:13};
-よくよく考えれば、ドゥネダインが「見込みがうすく思われるほうの選択」をしたとしても、「お名を変えられ、大王国の王とな」るとは言われてても、別にサウロンが滅びるとか指輪がなんとかなるとかそういう話は一切されてないんだね。サウロンはどれほどの大帝国でも軍事力でなんとか出来る相手ではないし、最終的にはもっとまずい事態になってたのかも --  &new{2020-02-13 (木) 05:45:28};