[[アルウェン]]

-映画でのアルウェンは、ややミスキャストだったような。「絶世の美女」というのとは少し違う感じがしました。これは好みの問題かもしれませんけれど。
-映画では「夕星」というより「お天道さん」といった感じに。 -- 猫うなり
-映画板のアルウェンは馬を駆ったりしてなんだかやたら勇ましいですが、ヒロインにも勇ましく戦うシーンを与えるというのが最近の映画の風潮なんでしょうね。
個人的にはアラゴルンのために旗を織る原作のアルウェンの方が好きです。 -- トミー
-映画でのあの出番の多さは、やっぱり原作通り仕上げたら野郎ばっかりな話になるからなんでしょうかね。 -- 斐水
-映画以前からの原作ファンの方には、映画のアルウェンはあまり評判が良くないようですが、私は好きですし、よく合ってたと思いますよ。
馬を駆ったり、ヘルム峡谷にまで登場しそうになったのは、監督たち制作サイドではなく、ニュー・ライン・シネマ側の思惑だったらしいです。それが、リヴの意見で、原作どおりのアルウェン像に戻ったとか。 -- YUE
--雑誌インタビューで、「アルウェン活躍バージョン」は自分が監督に提案したのだと、言っているものも多いのですけれどね。
---そうなんですか?私が書いたのは、SEEの特典ディスクで、リヴや監督が言ってたことなんですけどね。リヴはこの話、特にヘルム峡谷のことでは、嫌そうな話し振りでしたよ。 -- YUE
-私の中では決して評価悪くありません。ファラミアとエオウィンについても似たようなことがいえるけど、アラゴルンが原作と違って優柔不断な分ある意味彼女が姐さん女房としてハッパかけないとバランスが取れないんじゃないかな。原作アルウェンに優柔不断なアラゴルンは似合わなそう・・・。
--リブ・タイラーのところにリンクしてくださいよ。ここはあくまでもアルウェンの項目なんですから。
-追補編、臨終のアラゴルンとの会話で「わたしは今の今まで、人間達の悲しみを理解していなかった」というセリフが泣かせます。この賢い女性にしてそうであるなら、やはりエルフと定命の人間の間には大きな溝があるのでしょうね。切ないのう。 --  &new{2007-11-01 (木) 00:59:42};
--切なくはあるけれど、ハッピーエンドなんだからまだ心安らぎます。万年生き続けるより連れ合いと共に在った120年は幸せだっただろうから…… -- 「ど」の字 &new{2008-03-11 (火) 19:50:46};
---アラゴルン(というか、人間)の感覚ならそうでも、アルウェンの感覚からすると、結婚した直後に夫婦とも死ぬみたいなものでしょうし、やっぱり迂闊な結婚はよろしくなかったかも --  &new{2009-02-16 (月) 13:11:18};
--指輪物語では「死」は人間への恩寵であるかのように描かれていると思う。それならきっと、アラゴルンとアルウェンも「死」の後に本物の永遠を手にいれられたのじゃないかなー --  &new{2012-08-11 (土) 22:43:12};
-映画版では不死を捨てるとか言っていましたけれど、ルーシエンと同じ運命を辿るという事なのかな? -- ly &new{2009-03-10 (火) 20:18:56};
--エルロンドやアラゴルン達もそう考えていたようだが、実際どうだったのかは不明。実のところ、ルーシエンが人間になったのはベレンを救うことへの代償でもあり、イドリルの例やアルウェンの最期を見ても、必ずしもエルフと人との結びつきが同じ道を辿らせるとは断定できない。アマンのエルフたちならマンドスの館を覗けるので真相を知ってるんだろうが。 --  &new{2009-03-10 (火) 20:41:43};
--皆さんお忘れのようですが、アルウェンの曾祖父は純人間ですよ。ヴァラールに選択を迫られた時、祖父母と父はエルフになりましたが叔父は人間を選びました。同じようにアルウェンもどちらか選べるということでは?それでも人間に比べて物凄く長命だけどいつかは寿命で死に、死後はマンドスへ行かずエルフの家族とは二度と会えない人間と同じあの世へ旅立つという意味で。その点ではルーシエンと同じ選択をしたと言えるでしょうね。 --  &new{2013-02-16 (土) 14:06:47};
-映画の彼女は当時オーラがあったから、まあいいかなーと。でも原作通りだと、原作を知らない方たちはとくに"急に最後に出てきて王と結婚する人"、になってしまいそう笑 -- tana &new{2009-04-28 (火) 22:11:24};
-映画の衰弱は、なんだかよく分からなかった。 --  &new{2011-03-02 (水) 14:15:04};
-死んだあと馳夫さんが迎えにきてくれたらいいな --  &new{2011-03-14 (月) 16:02:00};
-父であるエルロンドがアルウェンの結婚に強硬に反対したのは人間たるアラゴルンとの寿命の差ゆえですが、それには弟エルロスとの同じような経験が関係してるんですかねぇ。 --  &new{2011-05-27 (金) 23:12:04};
-もしかして、アルウェンの「アル」とアラゴルンの「アラ」は語源が一緒なのかな? --  &new{2011-09-02 (金) 15:20:28};
--アラゴルンのarはアルノールやヌメノールの王の接頭辞と同じく王という意味でアルウェンは上に書いてあるように高貴な乙女だから違うはず。 --  &new{2013-02-26 (火) 17:37:17};
---その「王」と「高貴」が、同じ ar かな、と思いまして。どちらも「平民とは違う偉い人」っぽい意味だし。 --  &new{2013-02-26 (火) 19:41:23};
--同じで良いはずです。ar、ara、aranは「王、高貴な」の意味で、アルノールArnor「王の国」やアランルースAranruth「王の怒り」などに共通の語です。 --  &new{2013-02-26 (火) 20:18:09};
-追補編でアラゴルンが死んだ時のこの人の描写が悲しかったなぁまた一緒になれたらいいのに --  &new{2013-02-22 (金) 01:47:01};
--追補編読んで大泣きしました。 --  &new{2013-02-22 (金) 01:56:28};
--亡くなった後は無事に(?)人間のあの世へ行けてるといいですね(´;ω;`) --  &new{2013-02-22 (金) 22:19:45};
-アラゴルンに出会った当時2500歳以上か・・・ --  &new{2013-02-25 (月) 17:34:36};
--他のエルフに惚れられることはあったかもしれないけど、壮年アラゴルンに惚れるまで運命の伴侶に出会わなかったのも奇蹟的ですよね・・・。 --  &new{2013-02-25 (月) 23:13:47};
---エルロンド「娘は誰にも嫁がせん!」 --  &new{2013-02-27 (水) 00:46:21};
---いや、親が反対しても愛する人としか絶対結婚しないのがエルフですからw  極端な例:ルーシエン --  &new{2013-02-27 (水) 01:34:03};
-私程度の愛じゃ映画設定は怒りの対象でしかなく、続きが見られませんでした。ボンバディルカットの直後だっただけにリモコン投げる勢いでした。 --  &new{2013-03-05 (火) 02:53:25};
--ボンバディルカットは仕方がないでしょう。ただでさえあちこちで『鷲に乗って捨てにいけ』だの言われてるのに、トム出てきたら『あいつが捨てに行けばいいじゃん』と言われるのは目に見えてます。アルウェンは確かにアレだとは思いますが。 --  &new{2013-03-05 (火) 12:13:48};
---確かに。それに、あんな序盤に、指輪の魔力が効かないキャラが出るのはマズイでしょう。ただでさえ映像化しにくい一つの指輪の恐ろしさが、さらに伝わりにくくなりそうです。 --  &new{2013-04-17 (水) 10:12:25};
---私もリモコンを取り落としかけて唖然としました。でも確かにゴールドベリーがでてくると奥方と相殺しそうだとも思います。 --  &new{2013-04-19 (金) 21:38:55};
--ナズグルやエルフの性質を理解する上でもグロールフィンデルのシーンはかなり重要な人物だと思うので上映時間などの制限があったとはいえ、映画設定は残念でした。 --  &new{2013-06-09 (日) 23:04:14};
--トムを出したらもう映画として収集付かなくなりますよねえ。そもそも原作でも「この人誰?何のためにいるの?」って印象ですし。 --  &new{2013-06-30 (日) 09:53:47};
---教授自身、トムは特に重要な意味は無い、ただ自分が過去に生み出したキャラだし、初期に冒険的なシーンを入れたかっただけ、と書簡で言ってますからねぇ。 --  &new{2013-06-30 (日) 13:32:34};
---自分が読んだ書簡では、はっきりとした意味は自分でもよくわからないが、しかし何か重要なものを感じたので後後まで残しておいた、というようなニュアンスだったと思いますが。 --  &new{2013-06-30 (日) 15:36:51};
-LOTRでアルウィン(女)をあんなに意味不明に出す必要はなかった。ホビットでも恋愛絡める予定なんでしょ?安っぽい映画になるだけだと思う --  &new{2013-06-30 (日) 08:43:17};
--ホビットは徹底的な男づくしのままでよいし、変に手を加えてほしくなかった。そこが映画化の問題。 --  &new{2013-06-30 (日) 13:35:39};