#author("2016-05-03T21:02:23+09:00","","")
* 黒巻毛族 [#e9348745]
** 概要 [#xb12cd7c]

|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|Blacklocks|
|~その他の呼び名|ドルインの一族(Drúin's Tribe),ヴァールの一族(Var's Folk),ナルグブラズの斧(the Axes of Nargubraz)|

** 解説 [#we2b7b20]

『[[The Peoples of Middle-Earth]]』に記載されている[[ドワーフ]]七氏族の内の一つ。同じドワーフの氏族である石足族とともに東方の山脈で目覚めたという。
第三紀2790年に[[ドゥリン一族>長鬚族]]の王[[スロール]]が殺され、その死体が辱められた時、全ドワーフがその仕打ちに怒り、[[スライン二世]]の下に軍勢が集結したとあり、黒巻毛族も[[スライン二世]]の要請に応じて[[ナンドゥヒリオンの合戦]]に加勢したようである。

** 派生作品における設定 [#ae91995e]
:[[Iron Crown Enterprises]]の設定|始祖の名を取ってドルインの一族と呼ばれる。黒々とした髪を持ち、ドワーフの中でも特に強靭な強さを誇る。ドワーフの国ルーリークRuuriikの支配権を巡って石足族と対立し、争いに勝つべくサウロンから7つの指輪の一つを受け取った。その見返りに[[最後の同盟]]との戦いではサウロンを援助した。その後力を失ったサウロンは黒巻毛族の国ナルグブラズを、潜伏地として利用しようと試み、彼らを誘惑。抵抗する者たちを放逐した。東方を訪れた[[サルマン]]の協力でサウロンを追い出すことはできたものの、それまでの行いを悔いた黒巻毛族はナルグブラズを放棄、闇の勢力を根絶やしにし、贖罪と復讐を果たすまでは祖国に帰らぬことを誓い流浪の民となった。傭兵として各地を転戦し、やがてハラドにある[[黄の山脈]]に多数の都市を築いて住み着いた。
:The Lord of the Rings Roleplaying Gameの設定|東方や南方を放浪する民。石炭のように黒く針金のように太い髭は櫛も通らぬほど複雑に絡み合い、縮れている。始祖の名をとってヴァールの一族と呼ばれている



** コメント [#e6dbe28c]

#pcomment(,,noname,,,,reply)