* 黒きヌーメノール人 [#g104ef36]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|Black Númenórean|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#Explanation]

[[第二紀]]の中期から後期にかけて、[[中つ国]]を支配するためにやってきた[[ヌーメノール人]]([[王党派]])とその末裔。彼らは[[サウロン]]を崇拝するようになり、[[モルドール]]の支配下に入った。彼らは、[[第三紀]]に入っても、主に[[ウンバール]]を拠点として[[ゴンドール]]に対抗し続けた(ただしウンバールは、第三紀1856年頃に[[ハラド人>ハラドリム]]に占領されている)。

劇中では[[サウロンの口]]が黒きヌーメノール人と明言されている。また[[ICE]]設定では、[[ナズグール]]のうち[[魔王(エル・ムーラゾール)>魔王]]と[[アコーラヒル]]、[[アドゥナフェル]]が黒きヌーメノール人とされている。
劇中では[[サウロンの口]]が黒きヌーメノール人と明言されている。また『[[終わらざりし物語]]』によると9人の[[ナズグール]]のうち、'''[[かれ>サウロン]]が[[九つの指輪]]で誘惑した者達の中で三人は、ヌーメノール人の偉大な諸侯たちであったと言われている'''とあり、この3人は黒きヌーメノール人の可能性がある。その3人は[[ICE]]設定では、[[魔王(エル・ムーラゾール)>魔王]]、[[アコーラヒル]]、[[アドゥナフェル]]とされている。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)