#author("2017-11-02T22:43:23+09:00","","")
* &ruby(ばしゃぞく){馬車族}; [#u8731fd3]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|Wainriders|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#Explanation]

[[第三紀]]1851年から約100年間にわたって[[ゴンドール]]を攻撃した[[東夷]]の一派。一時は[[ロヴァニオン]]東南部を占領して[[北国人]]を滅ぼし、ゴンドールを存亡の危機に陥れるほど勢力を拡大した。
第一波は1856年に[[ナルマキル二世]]を討死せしめるが、1899年にその息子[[カリメフタール>カリメフタール(ナルマキル二世の息子)]]によって撃破された。第二波は[[ハンド]]および[[近ハラド]]の民と同盟して再びゴンドールを攻撃し、1944年に[[オンドヘア]]を討死せしめるが、最後には[[エアルニル二世]]によって撃滅された。

>三度目の災いは馬車族の侵入である。これはほとんど百年も続いた戦争で、ゴンドールの衰えゆく力をしだいに弱らせたのである。馬車族というのは東方からやって来た一民族、あるいはいくつかの民族の連合体である。しかしかれらはそれ以前に出現したどの民族よりも強く、戦いの装備も整っていた。かれらは大きな荷馬車に乗って旅をし、首領たちは戦車に乗って戦った。後になってわかったことではあるが、彼らは[[サウロン]]の密使たちに焚き付けられてゴンドールを急襲したのである。((『[[指輪物語]] [[追補編]]』「ゴンドール、またアナリオンの後継者たち」))

*** 第一波 [#k9306783]

1851年、[[東方>リューン]]から現れた馬車族は[[ロヴァニオン]]へ侵攻を開始する。[[悪疫]]の打撃からまだ立ち直っていなかった[[北国人]]はこれを迎え撃ったが打ち破られ、かれらの領土は馬車族に占領された。
1856年、[[ゴンドール]]の[[ナルマキル二世]]は大軍を率いて出撃し、北国人の残党と共に馬車族と戦ったが、馬車族の勢いは強く、[[アンドゥイン]]の先、[[闇の森]]の南にある平原でゴンドール軍は敗退、ナルマキルは討死した。北国人[[マルハリ]]の活躍によってゴンドール軍はかろうじて壊滅を免れた([[広野の合戦]])。
馬車族は勝利を収めたが、受けた被害も大きかったため、進撃を中断する。かれらは[[ロヴァニオン]]の東南部を手中に収めてほとんどの北国人を奴隷とした。

やがて、馬車族は[[浅地]]から[[カレナルゾン]]を急襲することを目論む。だがこれを察知したナルマキルの息子[[カリメフタール>カリメフタール(ナルマキル二世の息子)]]は、マルハリの息子[[マルフウィニ]]と協同して反撃を計画した。
1899年、進撃してくる馬車族を迎え撃ったカリメフタールは、[[ダゴルラド]]でマルフウィニ率いる騎馬軍団と共にこれを挟撃し敗走させることに成功。さらに奴隷となっていた北国人達が[[ロヴァニオン]]で反乱を起こし、馬車族の野営地を破壊する。行き場を失った馬車族は東方へ逃げ帰った。

こうして馬車族の第一波は辛うじて撃退されたが、[[北国人]]は故国を失って散り散りとなり、[[ゴンドール]]は東方の領土を完全に失った。

*** 第二波 [#be04ebce]

馬車族は西方への憎しみと野心を抱いたまま[[東方>リューン]]で勢力を回復させ、南へ伸長して[[ハンド]]や[[近ハラド]]の民と衝突するまでになる。やがれこれらの民族は講和を結び、さらには同盟して[[ゴンドール]]への攻撃を計画するようになった(この展開には[[サウロン]]の策謀があったと考えられている)。

1944年、東方と南方の蛮夷は[[ゴンドール]]を挟撃した。マルフウィニの息子[[フォルスウィニ]]から警告を受けていた[[オンドヘア]]はゴンドール軍を北軍と南軍に分け、自らは北軍を率いて馬車族を迎え撃った。ところが馬車族の戦車と騎兵からなる前衛部隊は予想以上に迅速かつ強力であり、ゴンドール北軍は[[モランノン>黒門]]の北の[[ダゴルラド]]で陣を十分に整えられないまま蹂躙された。これによりオンドヘアと、彼の二人の息子[[アルタミア]]と[[ファラミア>ファラミア(オンドヘアの息子)]]は討死した。
そのまま馬車族は[[イシリアン]]になだれ込んだが、勝利を確信して宴を張っていたところを、南方の敵を撃退して急遽北上してきた将軍[[エアルニル]]率いるゴンドール南軍および北軍の残党に急襲される。馬車族は撃滅され、逃げ延びた者達も[[死者の沼地]]に追い落とされて殲滅された([[野営地の合戦]])。

*** その後 [#a0a87d41]

後に[[ゴンドール]]を襲った[[東夷]]の一派である[[バルホス族]]は、馬車族に近縁の氏族であると見られている。
また[[指輪戦争]]で[[モルドール]]に服属した東夷の中には、戦車や荷車を駆る者達の姿も見られた。

**[[Iron Crown Enterprises]]による設定 [#i4839ee4]

ウルガス語をと呼ばれる言語を使う。元々はリューン北東のロタン(Lotan)という土地に住んでいたが後に南下し、[[リューンの湖]]の周辺に進出してきた。サガス(Sagath)、ロガス(Logath)、イガス(Igath)という3つの部族に分かれており、うちイガスは第三紀の末期に[[ハンド]]の[[ヴァリアグ]]に吸収された。サウロンの事は平原の神ケルカッスク(Kerkassk)と同一視して崇拝していた。

***登場する馬車族の一覧 [#k28d15ce]

|スペル|読み|人物説明|
|Avas I|アヴァス一世|馬車族の王。部族連合の創設者|
|Avas III|アヴァス三世|馬車族の王。[[ヴァリアグ]]、[[ハラドリム]]と同盟を結び、[[ゴンドール]]に対抗した|
|Rof Paku I|ロフ=パク一世|馬車族と[[北国人]]の混血の魔術師。[[ロヴァニオン]]で諜報活動に従事していた。|

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)