#author("2017-03-12T04:49:53+09:00","","")
#author("2017-03-12T04:54:13+09:00","","")
* 野営地 [#w2835613]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|camp|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#Explanation]

[[モルガイ]]の東麓に並ぶ大小様々な[[モルドール]]軍の野営地の中で最大のもの。[[第三紀ローハン・ゴンドール・モルドールの地図>http://arda.saloon.jp/map3.html]]にも記載されている。
[[フロド・バギンズ]]と[[サムワイズ・ギャムジー]]は、丁度西側にあるモルガイの峡谷から[[ゴルゴロス]]を眺めた。サムが見たところによると、この野営地にいた者は[[オーク]]ではなく[[人間]]だった。
[[フロド・バギンズ]]と[[サムワイズ・ギャムジー]]は、丁度西側にあるモルガイの峡谷からこの野営地を眺めた。サムが見たところによると、野営地にいた者は[[オーク]]ではなく[[人間]]だった。

>山麓から平原に一マイル出たか出ないかのところに、その野営地は掘っ立て小屋と長くて低いくすんだ灰色の建物の真っ直ぐに並んだ侘びしい通りがさながら巨大な昆虫の巣のように寄り集まってできていました。その周囲の地面は往き来する者たちでいっぱいでした。ここから広い道路が東南に走っていて、[[モルグル道>モルグル道路]]に接続していました。そしてその道を小さな黒い姿の行列がいくつも急ぐのが見られました。((『[[王の帰還]]』「影の国」))
>山麓から[[平原>ゴルゴロス]]に一マイル出たか出ないかのところに、その野営地は掘っ立て小屋と長くて低いくすんだ灰色の建物の真っ直ぐに並んだ侘びしい通りがさながら巨大な昆虫の巣のように寄り集まってできていました。その周囲の地面は往き来する者たちでいっぱいでした。ここから広い道路が東南に走っていて、[[モルグル道>モルグル道路]]に接続していました。そしてその道を小さな黒い姿の行列がいくつも急ぐのが見られました。((『[[王の帰還]]』「影の国」))

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)