* &ruby(つのぶえふ){角笛吹};きトボルド [#ud3f4c18]
#author("2020-08-10T00:38:06+09:00;2011-05-20T08:21:28+09:00","","")
* &ruby(つの){角};&ruby(ぶえ){笛};吹きトボルド [#ud3f4c18]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Tobold Hornblower|
|~その他の呼び名|トビイ爺(Old Toby)|
|~その他の呼び名|トビイ&ruby(じい){爺};(Old Toby)|
|~種族|[[ホビット]]|
|~性別|男|
|~生没年||
|~親||
|~兄弟||
|~配偶者||
|~子||
|~生没年|[[第三紀]]|

** 解説 [#Explanation]

トビイ爺と呼ばれる。[[南四が一の庄>四が一の庄#South]]の[[長窪村]]で、初めて[[パイプ草]]を育てた[[ホビット]]。名からして[[角吹家]]の出身と思われる。
『[[ホビット庄本草考]]』によれば、彼がどこでパイプ草を手に入れたかは死ぬまで話さなかったが、[[ブリー村]]でこの植物のことを知ったのではないかと推察されている。
''トビイ&ruby(じい){爺};''と呼ばれる。[[ホビット庄]]において、初めて[[パイプ草]]の栽培を始めた[[ホビット]]。名からして[[角吹家]]の出身と思われる。
[[ホビット庄暦]]1070年([[第三紀]]2670年)頃、トボルトは[[南四が一の庄>四が一の庄#South]]の[[長窪村]]にある自身の庭で、ホビット庄史上初めてとなるパイプ草を育てた。彼はどうやってパイプ草を入手したかは死ぬまで話さなかったが、『[[ホビット庄本草考]]』では[[ブリー村]]でこの植物のことを知ったのではないかと推察されている。
彼の名は「[[トビイ爺印]]」としてパイプ草の銘柄名となっている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)