* &ruby(みはりいし){見張り石}; [#w7ccf8c1]
** 概要 [#z1273e75]
#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2017-01-02T23:39:32+09:00","","")
* &ruby(みは){見張};り&ruby(いし){石}; [#w7ccf8c1]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|物・品の名前|
|~カテゴリー|[[物・品の名前]]|
|~スペル|watch-stone|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#ue01adfc]
** 解説 [#Explanation]

[[ドルーエダイン]]が彫った彫刻で、土地や建物の見張りをさせるために作ったもの。[[オーク]]はこれを恐れ、近付こうとはしなかった。実際にこの石像が動きだした事もあったという。
[[馬鍬谷]]の[[プーケル人]]は、この見張り石の名残ではないかと思われる。
『[[終わらざりし物語]]』に記載がある、[[第一紀]]の[[ドルーエダイン]]が彫った石像で、土地や建物の見張りをさせるために作ったもの。実際にこの石像が動きだした事もあったという。[[オーク]]はこれを恐れ、近付こうとはしなかった。
[[馬鍬谷]]の''[[プーケル人]]''は、この見張り石の名残ではないかと考えられる。

** コメント [#qf07a157]
[[ハレスの族]]の伝説によると、ドルーエダインは自身を模したこの石像に、自分の力の一部を移入することで、自分の身代わりとして行動させることができた。そのため石像が傷害を被ると、ある程度当人にも反映されてしまった。((『[[終わらざりし物語]]』によると、[[トールキン>ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]]はこの像のように製作物に自分の力の一部を移すことを、[[サウロン]]が[[バラド=ドゥーア]]の土台や[[一つの指輪]]などに自らの力を移したことの縮小版であると言ったという。))

#comment
** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)