* &ruby(かっしょくびと){褐色人};の&ruby(くに){国}; [#y5d36ae8]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Dunland((『[[Guide to the Names in The Lord of the Rings]]』によると、dunの意味はdark, dusky, dull-hued))|
|~異訳|&ruby(こげちゃ){焦茶};の国(([[旧版]]での訳。映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』でもこの訳になっている))|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#Explanation]

[[エネドワイス]]の中で[[霧ふり山脈]]南端の西麓にある、[[褐色人]]が住む国の[[ローハン語]]での名。[[白鳥川]]を挟んで[[エレギオン]]の南で、南東は[[ローハン]]になる。

[[第三紀]]1150年頃から1630年頃までは、[[アンドゥイン]]の谷間から霧ふり山脈を越えてやってきた[[ストゥア]]族も、[[ホビット庄]]に定住するまで褐色人の国と[[サルバド]]の間に住んでいたことがあるらしい。だが当時の記録はほとんど残っていない。
第三紀2770年の[[スマウグ]]の襲撃のため[[エレボール]]の[[山の下の王国>エレボール#kingdom]]から逃れてきた[[スロール]]、[[スライン二世]]、[[トーリン・オーケンシールド>トーリン二世]]たち[[長鬚族]]の[[ドワーフ]]が、褐色人の国に一時期住んでいたこともある。彼らは2799年の[[アザヌルビザール(ナンドゥヒリオン)の合戦>ナンドゥヒリオンの合戦]]が終わってしばらくすると、褐色人の国を離れて[[エリアドール]]を放浪し、2802年に[[エレド・ルイン]]へと移住した。

褐色人の歴史については[[褐色人の項目>褐色人]]を参照。

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#Hobbitmovie]

翻訳は「焦茶の国」。
『竜に奪われた王国』冒頭の、[[躍る小馬亭]]における[[トーリン二世]]と[[ガンダルフ]]の会話の回想シーンで、この土地にて[[ナンドゥヒリオンの合戦]]で行方不明となった[[スライン二世]]が目撃されたという噂があり、トーリンが探しに行ったと話している。
また[[キーリ]]は、この地で商人の護衛の仕事をしていたと[[タウリエル]]に語っている。

** ゲーム『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#Lotro]

[[エネドワイス]]とは別の、南のエリアとして設定されている。[[スロール]]たちが住んでいた設定や、かつて[[ホビット]]がいた設定は、エネドワイスに移されている。
南は[[ローハン谷]]、南東に[[ナン・クルニーア]]と[[アイゼンガルド]]。褐色人の国には、[[褐色人]]の複数の部族が住んでいる。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)