#author("2021-10-08T20:40:30+09:00;2021-10-08T20:27:49+09:00","","")
* &ruby(くも){蜘蛛}; [#z5b17bf3]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[動物]]|
|~スペル|spider|
|~異訳|クモ|
|~その他の呼び名|ウンゴル(ungol)|

** 解説 [#Explanation]

[[中つ国]]には、現在我々が知るより遙かに巨大で邪悪な蜘蛛も生息していた。かれらは悪霊[[ウンゴリアント]]や、その裔である[[シェロブ]]の子孫である。
[[人間]]や[[ドワーフ]]、[[ホビット]]を捕食するほど巨大であり、ある程度の知性も備えている。『[[ホビットの冒険]]』では、蜘蛛同士が会話する描写もある。
[[シンダール語]]ではウンゴル。
[[中つ国]]には[[人間]]や[[ドワーフ]]、[[ホビット]]を捕食するほど巨大で邪悪な蜘蛛も生息していた。かれらは悪霊[[ウンゴリアント]]や、その裔である[[シェロブ]]の子孫である。
『[[ホビットの冒険]]』では、蜘蛛同士が会話する描写もある。

[[第一紀]]には[[ナン・ドゥンゴルセブ]]に多くの蜘蛛が生息しており、[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]はそこを通過する際にそれらと戦った。
[[第三紀]]には主に[[闇の森]]に生息しており、『[[ホビットの冒険]]』では森を通過した[[ビルボ>ビルボ・バギンズ]]と[[ドワーフ]]達を襲った。
[[第一紀]]には[[ナン・ドゥンゴルセブ]]に多くの蜘蛛が生息しており、[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]はそこを通過する際に蜘蛛と戦った。
[[第三紀]]には主に[[闇の森]]に生息しており、『[[ホビットの冒険]]』では[[エルフ道]]を通って闇の森を横断しようとした[[トーリンとその仲間]]を襲った。

*** 備考 [#w9ebfb8a]

[[ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]]は南アフリカで生まれたが、彼が幼いときにタランチュラに咬まれ、大騒ぎになったという逸話がある。
だがトールキン自身はこのことを記憶していないと語っており、自作の中に多くの蜘蛛が悪役として登場することとの関連を否定している((『[[J.R.R.トールキン 或る伝記]]』より))。
だがトールキン自身はそのことを記憶していないと語っており、自身の作品に蜘蛛が悪役として登場することとの関連を否定している((『[[The Letters of J.R.R.Tolkien]]』#163))。

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#Hobbitmovie]

|~俳優|Brian Sergent, Peter Vere-Jones(声)|
|~日本語吹き替え|[[高木渉]]|

[[一つの指輪]]を身につけた[[ビルボ・バギンズ]]にのみ、蜘蛛の会話が聞こえるという演出が行われている。

[[闇の森]]の[[エルフ]]も蜘蛛狩りを行っており、[[ドル・グルドゥア]]から新手の蜘蛛が現れている会話がある。
[[闇の森]]でビルボと[[ドワーフたち>トーリンとその仲間]]が蜘蛛に襲われて戦っているときに、蜘蛛狩りを行っている[[闇の森>闇の森#Realm]]の[[エルフ]]と遭遇するという展開に変わっている。この時、[[ドル・グルドゥア]]から新手の蜘蛛が現れているという会話がある。


** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)