-天文の月に関しては、[[月(天文)]]を参照してください。

#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2015-06-05T15:43:14+09:00","","")
-天文の月に関しては、[[月]]を参照してください。
----
* 月 [#i590010e]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|暦|
|~カテゴリー|[[暦]]|
|~スペル|month|
|~その他の呼び名|アスタール(astar)(([[クウェンヤ]]で「月」の意。単数形はアスタ(asta) ))|

** 解説 [#Explanation]

[[中つ国]]で用いられている月の表記は以下の通り。

||[[西方語]](([[クウェンヤ]]に由来))|[[シンダール語]](([[ドゥーネダイン]]によって用いられた))|[[ホビット庄暦]]|h
|1月|ナルヴィンイエ(Narvinyë)|ナルワイン(Narwain)|ユール後月(Afteryule)(([[ユール]]の後の月の意))|
|2月|ネーニエ(Nénimë)|ニーヌイ(Nínui)|ソマス(Solmath)|
|3月|スーリメ(Súlimë)|グヮイロン(Gwaeron)|レセ(Rethe)|
|4月|ヴィーレッセ(Víressë)|グウィリス(Gwirith)|アストロン(Astron)|
|5月|ローテッセ(Lótessë)|ロスロン(Lothron)|スリミッジ(Thrimidge)|
|6月|ナーリエ(Nárié)|ノールイ(Nórui)|ライズ前月(Forelithe)(([[ライズ]]の前の月の意))|
|7月|ケアミエ(Cermië)|ケアヴェス(Cerveth)|ライズ後月(Afterlithe)(([[ライズ]]の後の月の意))|
|8月|ウリメ(Urimë)|ウルイ(Urui)|ウェドマス(Wedmath)|
|9月|ヤヴァンニエ(Yavannië)|イヴァンネス(Ivanneth)|ハリマス(Halimath)|
|10月|ナルクウェリエ(Narquelië)|ナルベレス(Narbeleth)|ウィンターフィルス(Winterfilth)|
|11月|ヒーシメ(Hísimë)|ヒスイ(Hithui)|ブロドマス(Blotmath)|
|12月|リンガレ(Ringarë)|ギリスロン(Girithron)|ユール前月(Foreyule)(([[ユール]]の前の月の意))|
||~[[クウェンヤ]]|~[[シンダール語]](([[ドゥーネダイン]]によって用いられた))|~[[ホビット庄暦]]|h
|~1月(January)|ナルヴィンイエ(Narvinyë)|ナルワイン(Narwain)|[[ユール]]後月(Afteryule)(([[ユール]]の後の月の意))|
|~2月(February)|ネーニメ(Nénimë)|ニーヌイ(Nínui)|ソマス(Solmath)|
|~3月(March)|スーリメ(Súlimë)|グヮイロン(Gwaeron)|レセ(Rethe)|
|~4月(April)|ヴィーレッセ(Víressë)|グウィリス(Gwirith)|アストロン(Astron)|
|~5月(May)|ローテッセ(Lótessë)|ロスロン(Lothron)|スリミッジ(Thrimidge)|
|~6月(June)|ナーリエ(Nárië)|ノールイ(Nórui)|[[ライズ]]前月(Forelithe)(([[ライズ]]の前の月の意))|
|~7月(July)|ケアミエ(Cermië)|ケアヴェス(Cerveth)|[[ライズ]]後月(Afterlithe)(([[ライズ]]の後の月の意))|
|~8月(August)|ウリメ(Úrimë)|ウルイ(Úrui)|ウェドマス(Wedmath)|
|~9月(September)|ヤヴァンニエ(Yavannië)|イヴァンネス(Ivanneth)|ハリマス(Halimath)|
|~10月(October)|ナルクウェリエ(Narquelië)|ナルベレス(Narbeleth)|ウィンターフィルス(Winterfilth)|
|~11月(November)|ヒーシメ(Hísimë)|ヒスイ(Hithui)|ブロドマス(Blotmath)|
|~12月(December)|リンガレ(Ringarë)|ギリスロン(Girithron)|[[ユール]]前月(Foreyule)(([[ユール]]の前の月の意))|

『[[指輪物語]]』文中等では(“[[西方語が英語に翻訳されている>西方語#Translation]]”という設定と同じように)読者の便宜に合わせて現代英語の月名(邦訳では日本語の月名、すなわち~月)表記に改められているが、実際に登場人物たちが用いていたのはこれらの月名である。

[[エルフ]]には月の概念はなく、一年を長さの一定しない「季節」に分割した([[裂け谷暦法]])。
[[ヌーメノール]]の[[ドゥーネダイン]]は一年を一定した日数の12の月に分割した([[王の暦法]])。[[中つ国]]の[[人間]]はそれを習い覚え、月名を自分たちの言葉に翻訳して使うようになった。[[ホビット庄暦]]の月名は、[[北方の自由の民]]が使っていたものに起源を持つ。
[[第三紀]]の[[西方語]]圏では、ヨーロッパでラテン語由来の月名が広く使われているように、[[クウェンヤ]]の月名が広く普及していた。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)