* &ruby(くらやみ){暗闇};のエルフ [#te330b70]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|Dark Elves、Elves of the Darkness|
|~その他の呼び名|モリクウェンディ(Moriquendi)、荒れ地のエルフ(Wild Elves)((『[[終わらざりし物語]]』の「[[ナルン・イ・ヒーン・フーリン]]」で[[ミーム]]が用いた名。ただしこの語に[[灰色エルフ>シンダール]]は含まない))|
|~その他の呼び名|モリクウェンディ(Moriquendi)、荒れ地のエルフ(Wild Elves)((『[[終わらざりし物語]]』「[[ナルン・イ・ヒーン・フーリン]]」で[[ミーム]]が用いた名。ただしこの語に[[灰色エルフ>シンダール]]は含まない))|

** 解説 [#Explanation]

[[エルフ]]を分類する言葉のひとつで、[[クウェンヤ]]では''モリクウェンディ''という。反対語は[[光のエルフ(カラクウェンディ)>上のエルフ]]。
''「始源の光([[二つの木]]の光)を見なかった」という意味''で暗闇のエルフと言われるようになったものであり、肌が黒いわけでも邪悪というわけでもない。だが[[アマン]]で[[ヴァラール]]の教えを受けなかったため、その知識と技量は[[上のエルフ(光のエルフ)>上のエルフ]]に劣る。[[第三紀]]、[[中つ国]]に残っていたエルフのほとんどは暗闇のエルフである。

暗闇のエルフは、具体的には[[大海]]のかなたの[[至福の国アマン>アマン]]に渡ったことのない[[エルフ]]を差し、[[アヴァリ]]([[ヴァラール]]を恐れて西方への旅に出ようとしなかったエルフ)と、[[ウーマンヤール]](途中で西方への旅を放棄したエルフで、主に[[テレリ]])に大別される。ウーマンヤールの中でも[[シンダール]]は「灰色エルフ」と言われて、上(光)のエルフとも暗闇のエルフとも区別されることもある。詳細は[[エルフ]]の氏族の項も参照のこと。
[[アヴァリ]]([[ヴァラール]]を恐れて西方への旅に出ようとしなかったエルフ)と、[[ウーマンヤール]](途中で西方への旅を放棄したエルフで、主に[[テレリ]])に大別される。ウーマンヤールの中でも[[シンダール]]は「灰色エルフ」と言われて、光のエルフとも暗闇のエルフとも区別されることもある。詳細は[[エルフ]]の氏族の項も参照のこと。

また暗闇のエルフという言葉は、特に[[エオル>エオル(マイグリンの父)]]の呼び名としても使われる。彼は[[シンダール]]だが、[[ナン・エルモス]]の深く暗い森を好んだためその名で呼ばれた。

*** 参考 [#qbe37170]

史的には北欧系のデック(=ダーク)アールヴ(=アルフ、[[エルフ]])にさかのぼる。世界を創った後に残ったウジから創られたとされ、ドヴェルグ(=[[ドワーフ]])とほぼイコールに見なされている。和訳された北欧神話ではまとめて「こびと」となっている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)