* &ruby(くらやみのエルフ){暗闇のエルフ}; [#te330b70]
** 概要 [#b6de2759]
#author("2021-02-20T18:21:27+09:00;2020-11-11T14:10:01+09:00","","")
* &ruby(くらやみ){暗闇};のエルフ [#te330b70]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|種族|
|~スペル|Dark Elf|
|~その他の呼び名|モリクウェンディ(Moriquendi)|
|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|Dark Elves, Elves of the Darkness|
|~その他の呼び名|モリクウェンディ(Moriquendi)、荒れ地のエルフ(Wild Elves)((『[[終わらざりし物語]]』「[[ナルン・イ・ヒーン・フーリン]]」で[[ミーム]]が用いた名。ただしこの語に[[灰色エルフ>シンダール]]は含まない))|

** 解説 [#g01b77cb]
** 解説 [#Explanation]

[[クウェンヤ]]ではモリクウェンディという。
[[上のエルフ(カラクウェンディ)>上のエルフ]]の反対で、[[大海]]のかなたの[[至福の国アマン>アマン]]に行かなかった[[エルフ]]のこと。「始源の光([[二本の木]])を見なかった」という意味から暗闇のエルフと言われる。
彼らは、[[ヴァラール]]を恐れて西方に行かなかったエルフ([[アヴァリ]])と、途中で西方への旅を放棄した者たち([[シンダール]]、[[テレリ]]、[[ナンドール]]、[[シルヴァン]])に大別される。シンダールは、暗闇のエルフとは区別されることもある。
[[クウェンヤ]]では''モリクウェンディ''と呼ばれる。反対語は[[光のエルフ(カラクウェンディ)>上のエルフ]]。
[[アマン]]で「[[二つの木]]の光を見なかった」という意味で暗闇のエルフと言われるようになったものであり、肌が黒いわけでも邪悪というわけでもない。アマンにおいて[[ヴァラール]]の教えを受けなかったため、その知識と技量は[[上のエルフ(光のエルフ)>上のエルフ]]に劣る。
[[第三紀]]、[[中つ国]]に残っていた[[エルフ]]のほとんどは暗闇のエルフである。

[[エオル>エオル(マイグリンの父)]]も[[ナン・エルモス]]の深く暗い森を好んだため、暗闇のエルフと呼ばれた。
暗闇のエルフは''[[アヴァリ]]''([[大いなる旅]]に出ることを拒んだエルフ)と、''[[ウーマンヤール]]''(大いなる旅の途中で脱落したエルフ)に大別される。ウーマンヤールの中でも[[シンダール]]は「灰色エルフ」と言われて、光のエルフとも暗闇のエルフとも区別されることもある。詳細は[[エルフ]]の氏族の項も参照のこと。

史的には北欧系のデック(=ダーク)アールヴ(=アルフ、[[エルフ]])にさかのぼる。世界を創った後に残ったウジから創られたとされ、ドヴェルグ(=[[ドワーフ]])とほぼイコールに見なされている。和訳された北欧神話ではまとめて「こびと」となっている。
*** その他の用法 [#x73a5283]

** コメント [#hcda9c7d]
[[エオル>エオル(マイグリンの父)]]は「暗闇のエルフ(Dark Elf)」とも呼ばれた。彼は[[シンダール(灰色エルフ)>シンダール]]だが、[[ナン・エルモス]]の深く暗い森を好み、そこに住んでいたからである。
[[カランシア]]が[[シンゴル]]のことを「洞窟の暗闇エルフ(Dark Elf in his caves)」と呼んだこともあった((『[[シルマリルの物語]]』「ノルドール族の中つ国帰還のこと」))。シンゴルは[[二つの木]]を見た[[光のエルフ>上のエルフ]]なので、この場合は明らかに嘲りの意図が込められている。

- ソードワールドのダークエルフとは何の関係もないが、ロードス島戦記の愛読者は皆ショックを受ける。 -- はげ夫
- ダークエルフが「肌が黒い」「邪悪」というイメージになったのは、D&Dが元? 
- D&Dには「ダークエルフ」という種族は、特には存在していません。シャドウエルフというのならいますが。地下生活を長くしている内に光に弱くなったり、エルフなのに暗闇の中で暮らすなんて、邪悪な奴らに違いないと誤解されたりとかわいそうな人々です。肌が黒いどころかアルピノばかりでしょう。細かい設定は世界によって違いますが、こんな感じ。AD&Dにはドロウ(ダークエルフ)という邪悪な種族がいますけど。やはり日本ではロードスが起源でしょうね。長文失敬。 -- 言代主
- 少なくとも、ロードスなんぞよりもT&Tの方がずっと古い。起源はしらん。 -- ピコ &new{2007-11-22 (木) 01:57:47};
- よくよく考えてみると北欧神話じゃドワーフ=黒小人(ブラックエルフ)なんだよねえ・・・するとT&Tにドワーフとダークエルフの両方が出てくるのもおかしいと言えばおかしいんだが。 --  &new{2007-11-25 (日) 00:20:51};
** 参考 [#qbe37170]

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)
史的には北欧系のデックアールヴ(=ダークエルフ)にさかのぼる。世界を創った後に残ったウジから創られたとされ、ドヴェルグ(=[[ドワーフ]])とほぼイコールに見なされている。和訳された北欧神話ではまとめて「こびと」となっている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)