* &ruby(ちゅうじつ){忠実};なる&ruby(もの){者}; [#yf79accf]
** 概要 [#mf5f8994]

|~カテゴリー|歴史・事件|
|~スペル|Faithful|
|~異訳|&ruby(せっし){節士};、&ruby(せっしは){節士派};|
|~その他の呼び名|エレンディリ(Elendili)|

** 解説 [#t52bec83]

「[[エルフ]]の友」の意であるエレンディリとも呼ばれた。「忠実なる者」は[[新版]][[シルマリルの物語]]での訳で、[[指輪物語]]での訳語は「節士」。

[[ヌーメノール]]が反[[ヴァラール]]、反[[エルダール]]へと向かう中で、ヴァラール・エルダールへの敬愛と親交を保ち続けた一派を指す。彼らは主にヌーメノール西部の[[アンドゥーニエ]]に集まっていた。また[[中つ国]]では、[[ペラルギア]]を拠点にしていた。
忠実なる者は[[王党派]]の迫害を受け、時に[[サウロン]]の邪悪な儀式の生け贄になることもあったという。

ヌーメノールの没落の直前、[[アマンディル]]の指示を受けた[[エレンディル]]らが、忠実なる者たちを9隻の船に乗せ、[[パランティーア]]や[[アンヌーミナスの王笏]]、[[バラヒアの指輪]]といった宝とともに、ヌーメノールから脱出させた。その為彼らはヌーメノールの水没から救われて[[中つ国]]に漂着する。忠実なる者たちは[[アルノール]]と[[ゴンドール]]を建国し、中つ国の[[ドゥーネダイン]]の祖先となった。

** コメント [#g7a3d250]

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)