#author("2017-12-29T18:27:04+09:00","","")
#author("2020-02-14T04:26:20+09:00;2019-08-11T03:06:08+09:00","","")
* &ruby(たいよう){太陽}; [#n6279766]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[天文]]|
|~スペル|Sun|
|~その他の呼び名|アノール(Anor)、アナール(Anar)、ヴァーサ(Vása)、太陽の船(Ship of the Sun)|
|~異訳|日|
|~その他の呼び名|アノール(Anor) &br; アナール(Anar) &br; ヴァーサ(Vása) &br; 金色の火(Fire-golden) &br; 火の核(Heart of Fire) &br; 太陽の船(Ship of the Sun)|

** 解説 [#Explanation]

[[クウェンヤ]]では[[ヴァンヤール]]がつけた「金色の火(the Fire-golden)」の意であるアナール、[[ノルドール]]がつけた「火の核(the Heart of Fire)」の意であるヴァーサ((ヴァーサの名は「目覚めさせ、燃え尽きさせる火の核(the Heart of Fire, that awakens and consumes)」の意味とされた。[[人間]]の目覚めと、[[エルフ]]の衰退を象徴する印だったからである))と呼ばれ、アナールの[[シンダール語]]形である''アノール''の名でよく知られる。
[[クウェンヤ]]では[[ヴァンヤール]]がつけたアナール、[[ノルドール]]がつけたヴァーサ((「焼き尽くすもの(the Consumer)」の意。))と呼ばれ、アナールの[[シンダール語]]形である''アノール''の名でよく知られる。

[[二つの木]]が[[モルゴス]]と[[ウンゴリアント]]に害された後、金の木[[ラウレリン]]が最後に生じさせた黄金の果実から作られた。
[[ヤヴァンナ]]がその果実を摘み取り、[[マンウェ]]が聖め、[[アウレ]]とその一族が作った入れ物に収められた太陽の船は、[[マイエ>マイアール]]の''[[アリエン]]''によって導かれることになった。このことは[[ナルシリオン]]という歌に歌われている。
二つの木のうち、ラウレリンの方が[[テルペリオン]]より若かったのと同様、太陽は[[月]]よりも若いとされ、月の後に空に昇った。

初め太陽は[[ヴァルダ(エルベレス)>エルベレス]]によって、先に昇った月と同じく[[イルメン]]の低い領域を東西に往復するよう定められた。月が七度天空を横切って東にいる時、最初の太陽が月と同じく、西の[[ヴァリノール]]から昇った。だが月を運ぶ[[ティリオン>ティリオン(マイア)]]は進路や速度が定まらず、太陽を運ぶ[[アリエン]]に引き寄せられる傾向があったため、ヴァルダは両者の運行を変更し、太陽と月は入れ替わる形で東から昇って西に沈み、西から東への移動は大地の下を通るようにした。
月はその後も運行が定まらない傾向が続いたため、太陽と月の出現以降、[[アルダ]]では太陽の運行に基づいて日が定められ、太陽年による暦が用いられるようになった。
月はその後も運行が定まらない傾向が続いたため、太陽と月の出現以降、[[アルダ]]では太陽の運行に基づいて日が定められ、[[太陽年]]による暦が用いられるようになった。

太陽が最初に昇った時、[[ヒルドーリエン]]で[[人間]]が目覚めたため、人間は''太陽の子''とも呼ばれる。[[エダイン]]が西を目指したのも、一つにはそれが最初に太陽の昇った方角だったことに因る。
太陽は[[モルゴス]]と彼の奴隷たちが最も恐れ忌み嫌う光であり([[オーク]]や[[トロル]]が好例)、[[冥王]]は陽光を遮る為に黒雲や噴煙を用いた。

だが同時に太陽の光は[[ウンゴリアント]]の毒によって損なわれた[[二本の木]]から生じた不完全な光でもあり、それに照らされる[[中つ国]]にあってはいかなるものも生者必滅のならいを免れえず、速やかに過ぎ去る時の中にあって、[[上古]]より続く多くのものは衰え失われていくことにもなった。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)