* 太陽 [#n6279766]
#author("2020-02-14T04:26:20+09:00;2019-08-11T03:06:08+09:00","","")
* &ruby(たいよう){太陽}; [#n6279766]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[天文]]|
|~スペル|Sun|
|~その他の呼び名|アノール(Anor)、アナール(Anar)、ヴァーサ(Vása)|
|~異訳|日|
|~その他の呼び名|アノール(Anor) &br; アナール(Anar) &br; ヴァーサ(Vása) &br; 金色の火(Fire-golden) &br; 火の核(Heart of Fire) &br; 太陽の船(Ship of the Sun)|

** 解説 [#Explanation]

[[クウェンヤ]]では[[ヴァンヤール]]がつけた「金色の火」の意であるアナール、[[ノルドール]]がつけた「目覚めさせ、燃え尽きさせる火の核」の意であるヴァーサと呼ばれ、アナールの[[シンダール語]]形であるアノールの名でよく知られる。太陽を運ぶ[[マイア]]の名は[[アリエン]]である。
[[クウェンヤ]]では[[ヴァンヤール]]がつけたアナール、[[ノルドール]]がつけたヴァーサ((「焼き尽くすもの(the Consumer)」の意。))と呼ばれ、アナールの[[シンダール語]]形である''アノール''の名でよく知られる。

[[二つの木]]が[[モルゴス]]と[[ウンゴリアント]]に害された後、二つの木のうちの[[ラウレリン]]の最後の金の果実を[[ヤヴァンナ]]が摘み取り、[[マンウェ]]が清め、[[アウレ]]とその一族が作った入れ物に収め、太陽が作られた。このことは[[ナルシリオン]]という歌に歌われている。二つの木のうち、月のもとになったテルペリオンよりもラウレリンの方が若かったのと同様、[[月>月(天文)]]より太陽のほうが若いとされ、月より七日遅く空に昇った。
太陽は[[アリエン]]によって、天空を東から西へ、日没後は[[イルメン]]の低い領域を横切って西から東へと旅するようにされた。
第一日目には[[アマン]]の地から、つまり西から昇り、いったん東に沈んで、以降は東から昇るようになった。[[人間]]はこの時に目覚めたため'''太陽の子(the Children of the Sun)'''とも呼ばれる。[[エダイン]]が西を目指したのも、一つにはそれが最初に太陽の昇った方角だったからだった。
[[二つの木]]が[[モルゴス]]と[[ウンゴリアント]]に害された後、金の木[[ラウレリン]]が最後に生じさせた黄金の果実から作られた。
[[ヤヴァンナ]]がその果実を摘み取り、[[マンウェ]]が聖め、[[アウレ]]とその一族が作った入れ物に収められた太陽の船は、[[マイエ>マイアール]]の''[[アリエン]]''によって導かれることになった。このことは[[ナルシリオン]]という歌に歌われている。
二つの木のうち、ラウレリンの方が[[テルペリオン]]より若かったのと同様、太陽は[[月]]よりも若いとされ、月の後に空に昇った。

太陽は、モルゴスの奴隷たちが最も恐れ忌み嫌う光だが、モルゴスに汚された後に生じた果実である太陽と月に照らされる[[中つ国]]にあっては、いかなるものも生者必滅のならいを免れえず、速やかに過ぎ去る時の中にあって、上古より続く多くのものは衰え失われていくことになった。
初め太陽は[[ヴァルダ(エルベレス)>エルベレス]]によって、先に昇った月と同じく[[イルメン]]の低い領域を東西に往復するよう定められた。月が七度天空を横切って東にいる時、最初の太陽が月と同じく、西の[[ヴァリノール]]から昇った。だが月を運ぶ[[ティリオン>ティリオン(マイア)]]は進路や速度が定まらず、太陽を運ぶ[[アリエン]]に引き寄せられる傾向があったため、ヴァルダは両者の運行を変更し、太陽と月は入れ替わる形で東から昇って西に沈み、西から東への移動は大地の下を通るようにした。
月はその後も運行が定まらない傾向が続いたため、太陽と月の出現以降、[[アルダ]]では太陽の運行に基づいて日が定められ、[[太陽年]]による暦が用いられるようになった。

太陽が最初に昇った時、[[ヒルドーリエン]]で[[人間]]が目覚めたため、人間は''太陽の子''とも呼ばれる。[[エダイン]]が西を目指したのも、一つにはそれが最初に太陽の昇った方角だったことに因る。
太陽は[[モルゴス]]と彼の奴隷たちが最も恐れ忌み嫌う光であり([[オーク]]や[[トロル]]が好例)、[[冥王]]は陽光を遮る為に黒雲や噴煙を用いた。

だが同時に太陽の光は[[ウンゴリアント]]の毒によって損なわれた[[二本の木]]から生じた不完全な光でもあり、それに照らされる[[中つ国]]にあってはいかなるものも生者必滅のならいを免れえず、速やかに過ぎ去る時の中にあって、[[上古]]より続く多くのものは衰え失われていくことにもなった。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)