#author("2017-09-12T21:32:42+09:00","","")
#author("2020-02-22T17:53:32+09:00;2020-02-22T11:27:09+09:00","","")
* &ruby(おお){大};いなる&ruby(たび){旅}; [#sc67af9a]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[歴史・事件]]|
|~スペル|Great Journey|

** 解説 [#Explanation]

[[星々の時代]]、[[ヴァラール]]の招致に応じた[[エルフ]]が[[クイヴィエーネン]]を出発し、[[中つ国]]と[[大海]]を横断して西方の[[アマン]]への移住を試みた民族大移動のこと。この旅に踏み出したエルフが[[エルダール]]であり、招致を拒んで旅に出なかったエルフが[[アヴァリ]]である。
旅の先導は[[ナハール]]に乗った[[オロメ]]が務めた。また、[[大海]]を越える時は[[ウルモ]]が[[島>トル・エレッセア]]を曳いて渡した。
[[中つ国]]から[[アマン]]を目指した、[[エルフ]]の民族大移動のこと。

エルダールのうち[[イングウェ]]に率いられた第一陣([[ヴァンヤール]])と、[[フィンウェ]]に率いられた第二陣([[ノルドール]])は旅を成し遂げてアマンに到達した。[[エルウェ>シンゴル]]と[[オルウェ]]に率いられた第三陣([[テレリ]])はエルウェが[[ナン・エルモス]]で失踪したこともあり、旅の途中で脱落して[[中つ国]]に留まった者が多く([[ウーマンヤール]])、オルウェに率いられた者たち([[ファルマリ]])だけがアマンに到達した。だがその後も中つ国に留まったエルダールには、望めばアマンへ渡っていく恩寵が与えられていた。
[[二つの木の時代]]に[[クイヴィエーネン]]でエルフ族が目覚めると、[[ヴァラール]]は彼らを愛し、危険の多い中つ国から[[二つの木]]の光で満たされたアマンへと移住させようとした。
しかしほとんどのエルフが乗り気ではなかったため、ヴァラールは彼らの中から[[イングウェ]]、[[フィンウェ]]、[[エルウェ>シンゴル]]の三人を使節として選び、同胞の説得に当たらせた。先にアマンに連れて行かれた三人は、その地の至福に魅せられ、再び[[故郷>クイヴィエーネン]]に戻ると同胞たちに西方へ移住するよう熱心に勧めた。
この時、招致に応じて旅に踏み出したエルフが[[エルダール]]であり、招致を拒んで旅に出なかったエルフが[[アヴァリ]]である。

>[[ヴァラール]]がわれらに下された恩寵、[[大海]]を越える許しは、いまやかの大いなる旅を始めた者たちすべての上に、そのむかし、岸辺にたどり着かず、[[至福の国>アマン]]を目にしなかった者たちの上にさえも、下りているのだそうだ。((『[[終わらざりし物語]]』「アムロスとニムロデル」))
旅の先導は[[オロメ]]が努め、その下でエルダールは三陣に分かれて旅をした。すなわちイングウェに率いられた第一陣([[ヴァンヤール]])、フィンウェに率いられた第二陣([[ノルドール]])、エルウェに率いられた第三陣([[テレリ]])である。
しかし彼らは依然として中つ国を愛する気持ちが強く、気を引かれる場所があればいつでもそこに逗留したがったため、歩みは遅々としたものだった。
さらに道中に横たわる脅威から、旅を続けることを拒んで現地に留まったエルダールも多かった。彼らは[[ウーマンヤール]]と呼ばれ、その大部分はテレリ族だった。しかし足を止めた者達も、心は常に西方に向けられていた。

[[大海]]に達すると、[[ウルモ]]が船代わりに[[島>トル・エレッセア]]を曳いて彼らを渡した。
こうしてアマンに到達したエルダールは[[アマンヤール]]と呼ばれ、二つの木の光に浴して[[光のエルフ>上のエルフ]]となった。

これに対して、中つ国に留まったままついに二つの木の光を見なかったエルフは[[暗闇のエルフ]]と呼ばれる。しかし彼らにも、望めばアマンへ渡っていく恩寵が残された。この恩寵は[[世界が球状になって>世界の変わる日]]アマンが[[人間]]には到達できない場所に移された後も続き、エルフのためにアマンへ通じる[[まっすぐの道]]が残された。

*** エルフ族の分類 [#Class]

|>|>|>|>|>|>|>|~クウェンディ(エルフ族)|h
|>|>|>|>|>|>|~[[エルダール]]|~&color(,lightblue){''[[アヴァリ]]''};|
|>|>|>|>|>|>|大いなる旅に出たエルフ。|大いなる旅を拒んだエルフ。|
|~&color(,lightgreen){''[[ヴァンヤール]]''};|~&color(,lightgreen){''[[ノルドール]]''};|>|>|>|>|~''[[テレリ]]''|~|
|[[イングウェ]]に率いられたエルダールの第一陣。全員がアマンに渡った。|[[フィンウェ]]に率いられたエルダールの第二陣。全員がアマンに渡ったが、後に多くが[[フェアノール]]に同調して中つ国への帰還を果たした。|>|>|>|>|[[エルウェ(シンゴル)>シンゴル]]とその弟の[[オルウェ]]によって率いられたエルダールの第三陣。|~|
|~|~|~&color(,lightgreen){''[[ファルマリ]]''};|~&color(,lightblue){''[[ファラスリム]]''};|~&color(,lightblue){''[[シンダール]]''};|>|~&color(,lightblue){''[[ナンドール]]''};|~|
|~|~|[[オルウェ]]に率いられ、アマンへ渡ったテレリ。|[[キーアダン]]を領主とするテレリ。[[オッセ]]に説得されて中つ国に残った。|[[シンゴル]]を王として、[[ベレリアンド]]に留まった灰色エルフ。|>|[[霧ふり山脈]]の東で、[[レンウェ]]に率いられて[[テレリ]]の一行から離れた者。|~|
|~|~|~|~|~|~&color(,lightblue){''[[ライクウェンディ]]''};|~&color(,lightblue){''[[タワルワイス>シルヴァン・エルフ]]''};|~|
|~|~|~|~|~|ナンドールのうち、後に[[デネソール>デネソール(レンウェの息子)]]に率いられて西に移動、[[オッシリアンド]]に住むようになった緑のエルフ。|霧ふり山脈の東に住んだエルフ。|~|
|>|>|~&color(,lightgreen){''[[アマンヤール]]''};|>|>|>|~&color(,lightblue){''[[ウーマンヤール]]''};|~|
|>|>|アマンに到達したエルダール。|>|>|>|アマンに到達しなかったエルダール。|~|
&color(,lightgreen){この文字色};は[[カラクウェンディ]]即ち「''光のエルフ(上のエルフ)''」。
&color(,lightblue){この文字色};は[[モリクウェンディ]]即ち「''暗闇のエルフ''」。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)