#author("2016-05-18T15:03:40+09:00","","")
#author("2016-12-03T13:50:06+09:00","","")
* 堅鬚族 [#vfe69276]
** 概要 [#ce1d1132]

|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|Stiffbeards|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#ccf65360]

『[[The Peoples of Middle-Earth]]』に記載されている[[ドワーフ]]七氏族の一つ。その父祖は同じドワーフの氏族である[[鉄拳族]]の父祖とともに、東方の地で目覚めたという。
『[[The Peoples of Middle-earth]]』に記載されている[[ドワーフ]]七氏族の一つ。その父祖は同じドワーフの氏族である[[鉄拳族]]の父祖とともに、東方の地で目覚めたという。

[[第三紀]]2790年に[[ドゥリン一族]]の王[[スロール]]が殺され、その死体が辱められた時、全ドワーフがその仕打ちに怒り、[[スライン二世]]の下に軍勢が集結したとあり、堅鬚族もスライン二世の要請に応じて[[ドワーフとオークの戦争>ナンドゥヒリオンの合戦]]に加勢したようである。

** 派生作品における設定 [#e4a56433]

***[[Iron Crown Enterprises]]』の設定 [#df97db46]

:歴史|始祖の名をとってバヴォールの一族(Bávor's tribe)と呼ばれている他、住んでいる地域から氷のドワーフ(Ice-Dwarves)、雪のドワーフ(Snow-Dwarves)などとも呼ばれている。[[中つ国]]の中央部にある山脈Spine of Ardaにあるケレドキズディン(Kheledkhizdin)(([[クズドゥル]]で「鏡の間」(Mirror Halls)の意味))で目覚めた。中つ国の極北地域に王国キビル=タラグ(Kibil-tarag)を築き栄えたが、[[竜]]の襲撃によって王が殺され、国を追われた。生き残った堅鬚族の民は再び竜を惹きつけないために、より質素な生活を試みるようになった。
:外見|ドワーフの中で最も背が高く、体格も細い。肌の色は青白く、鬚は細長く針のように刺々しいが、ドワーフの中では珍しく、この鬚の存在を疎ましく思っている。
:文化|他のドワーフの氏族よりも貧しく、極めて質素で禁欲的な生活をしている。多くは狩猟や武器の生産などで生計を立てている。[[フォロドワイス]]や[[ウムリ]]、[[アヴァリ]]の一派である氷のエルフ(Ice-Elves)と友好的な関係を築いている。 フェラクメク(felakmêk)というルーン文字を彫る等、古くからの文化を継承し続けてる。革や毛皮で作った衣服を纏い、貴金属の類は殆ど身に着けず、装飾品は専ら木や骨で作る。

***『[[The Lord of the Rings Roleplaying Game]]』の設定 [#of4feba7]

始祖の名をとってスーリンの一族(Thulin's Folk)と呼ばれている。[[中つ国]]の最北端の地域に住んでおり、ドワーフの伝説では、その鬚は厳しい寒さによって堅くなっていると言われている。

** コメント [#k99963e7]

#pcomment(,,noname,,,,reply)