* &ruby(にほん){二本};の&ruby(き){木};の&ruby(じだい){時代}; [#eac33e3d]
** 概要 [#mb14aaa0]

|~カテゴリー|歴史|
|~スペル|Years of the Trees|
|~異訳||
|~その他の呼び名|星々の時代(Ages of the Stars)|

** 解説 [#i751ebe9]

[[灯火の時代]]の後、[[アマン]]に[[テルペリオン]]と[[ラウレリン]]という[[二本の木]]が誕生して[[アマン]]を照らしていた、約20[[ヴァラール紀]](約2万太陽年)の時代。
また、[[中つ国]]においては星々の光の下、[[エルフ]]が誕生した時代でもあることから星々の時代とも呼ばれる。

*** 二本の木、星々、エルフの誕生 [#e18b1abb]

[[メルコール]]によって[[イルルイン]]と[[オルマル]]が破壊された後、[[アマン]]に撤退した[[ヴァラール]]は、[[ペローリ]]の山々を作ってメルコールに対する防壁とする一方、[[ヴァリノール]]に自分たちの都[[ヴァルマール]]を作った。そして[[エゼルロハール]]で[[ヤヴァンナ]]が歌うと、銀の木[[テルペリオン]]と金の木[[ラウレリン]]という[[二本の木]]が育って光り輝きはじめた。

一方[[中つ国]]では、[[ウトゥムノ]]を居城とする[[メルコール]]が中つ国の北方から徐々に南へと暗黒、堕落、恐怖を振りまき、またアマンからの攻撃を阻止するため、中つ国の北西の海岸近くに[[アングバンド]]を築いて、自分の副官[[サウロン]]に統治させていた。

ヴァラールはアルダに[[エルフ]]が誕生する時が近づいているのを、[[イルーヴァタール]]の示した構想により知っていた。[[ヴァルダ(エルベレス)>エルベレス]]は、エルフが中つ国の闇の中に生まれないようにと、空に星々を作った。そしてヴァルダの仕事が終わると同時に、[[クイヴィエーネン]]のほとりにエルフが誕生した。

いち早くエルフが誕生したことを知ったメルコールは、エルフがヴァラールを恐れるように仕向けさせる一方で、一部のエルフを捕らえて[[オーク]]を作り出したという。一方で、[[オロメ]]はたまたま中つ国に狩りしに行っていたときに、エルフを発見した。ヴァラールのもとにこの知らせがもたらされると、ヴァラールは中つ国のエルフを守るため、[[メルコール]]を撃破することを決意。中つ国の北西部で緒戦が行われてこの地域は大きく破壊され、地形が変わった。だがついにヴァラールはウトゥムノを攻略し、[[トゥルカス]]がメルコールを捕らえ、[[アンガイノール]]の鎖で縛り上げ、メルコールを捕虜としてヴァリノールに連れ去った。

*** エルダールのヴァリノールへの移動、シルマリルの誕生 [#c0757e85]

(未入力です。協力をお願いします)

*** メルコールの釈放と、そこからもたらされたヴァリノールでの不和 [#le60f539]

(未入力です。協力をお願いします)

*** 二本の木の破壊とシルマリルの強奪、ノルドールの中つ国帰還 [#cc18df08]

(未入力です。協力をお願いします)

** コメント [#wa31ffa7]

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)