* ロスソス [#uf40613c]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|Lossoth|
|~異訳|ロッソス|
|~その他の呼び名|雪人(Snowmen)|

** 解説 [#Explanation]

[[アルノール]]の北方、[[フォロヘル]]湾の付近に住む[[人間]]の種族。[[フォロドワイス]]の名残をとどめる者達と言われる。彼らはその土地の厳しい寒さに慣れていて、氷の上を、骨をつけた靴で滑り、橇で雪上を走るという。
ロスソスは、[[アルヴェドゥイ]]が[[魔王]]に追われた時にアルヴェドゥイの一行を匿った。その謝礼として彼らは、アルヴェドゥイから[[バラヒアの指輪]]を預かった。バラヒアの指輪は、後に[[ドゥーネダイン]]によって買い戻された。
[[フォロヘル]]に住む[[人間]]の種族。[[フォロドワイス]]の名残をとどめる者達と言われる。彼らはフォロヘルの厳しい寒さに慣れていて、雪の中に住み(([[アルヴェドゥイ]]の一行のために雪小屋(snow-huts)を建てている))、骨をつけた靴で氷上を走り、車輪の無い滑る車(橇)を持っていた。ロスソス族の多くはフォロヘル岬に住んでいたが、しばしば[[エレド・ルイン]]の麓に近い、フォロヘル湾の南の岸に来て野営することもあった。

>かれらはふうがわりで心を開かない民族である。大昔の人間フォロドワイス族の名残りを留める者たちで、モルゴス王国の苛烈な寒さに慣れている。ホビット庄を北に隔たること百リーグあるかないかのところであるが、この寒気は今もなおこの地方に去りやらず残っている。ロスソス族は雪の中に住み、足に獣骨をつけて氷上を走ることができ、車輪のない車を駆るといわれている。かれらはだいたいが敵の近づきがたいフォロヘルの大きな岬に住んでいる。この岬は北西に突き出ており、同名の非常に大きな湾をさえぎっている。しかしかれらは山脈の麗に近いフォロへル湾の南の岸に、しばしば野営をすることがある。(([[指輪物語]] [[追補編]]))
ロスソス族は[[アングマール]]の[[魔王]]のことを、結氷も解氷も意のままにできる者として恐れていた。だが[[アルヴェドゥイ]]の一行が魔王に追われ、フォロヘル湾の海辺で助けを求めてきた時には彼らを匿った((飢えていた彼らを憐れんだのと、彼らが持っていた武器を恐れたため))。後にアルヴェドゥイを捜索していた船が[[灰色港]]からフォロヘルへ来た時、ロスソス族は風に危険を嗅ぎつけ、彼らの族長は船に乗らないようアルヴェドイに警告した。だがアルヴェドゥイはこれを無視し、援助の謝礼として[[バラヒアの指輪]]を族長に与えると、船に乗って去った。ロスソス族の懸念の通り、船はフォロヘル湾で悪天候により沈没した。船が難破した知らせはロスソス族によってもたらされ、バラヒアの指輪は後に[[ドゥーネダイン]]によって買い戻された。

*** 言語 [#ddef06cf]

原作では、ロスソスの民が話す言語についての情報はない。アルヴェドゥイの一行とは、[[西方語]]を使って会話したと思われる。

** [[Iron Crown Enterprises]]による設定 [#ICE]

ラッバ語(Labba)という言語を話すが、この言葉には文字はないとされている。

** ゲーム『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#Lotro]

マンモスのような動物を飼育し、物資の運搬などに使用している。氷上では、スケートのようなもので滑ったり、そりを滑らせたりしているのが見える。
建造物を建てることはなく、テントやイグルーのようなものの中で暮らしている。
ロスソスはなかなかよそ者に心を開こうとせず、彼らの信頼を得るには、地道に彼らの希望することを実現していかないとならない。
ロスソスのNPCが話す言葉には多数の独特の固有名詞が存在し、それらはほとんどがフィンランド語の単語がもとにされている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)