* レゴラス [#h3d282d8]
** 概要 [#s007ac69]

|~カテゴリー|人名|
|~スペル|Legolas|
|~その他の呼び名|緑葉のレゴラス(Legolas the greenleaf)|
|~種族|[[エルフ]]([[シンダール]])|
|~性別|男|
|~生没年|不明|
|~親|[[スランドゥイル]]|
|~兄弟|不明|
|~配偶者|なし|
|~子|なし|

** 解説 [#l5bbd2ae]

名は[[シンダール語]]で「緑の葉」の意。[[指輪の仲間]]の一人。
[[闇の森]]のエルフの王である[[スランドゥイル]]の息子。[[エルロンドの会議]]が招集されたとき、スランドゥイルの使いとして[[裂け谷]]に派遣される。レゴラスはそのまま[[エルフ]]を代表する[[指輪の仲間]]の一人となる。非常に優秀な弓の使い手として活躍し、指輪の仲間が[[ロスローリエン]]を訪れたときレゴラスは、[[闇の森]]で作られたものよりも強力な[[ガラズリム]]の弓と矢筒を、[[ガラドリエル]]から受け取っている。

[[パルス・ガレン]]における指輪の仲間の離散後は、レゴラスは終始[[ギムリ]]と一緒に、[[アラゴルン二世]]と行動を共にした。その時、特にギムリと強い友情をはぐくむ。またレゴラスは、旅の途中で立ち寄った[[イシリアン]]の地に魅せられ、指輪戦争後に闇の森のエルフの一部を連れて、そこに移住した。それ以後も[[ゴンドール]]や[[燦光洞]]に何度も訪れたようである。

元来レゴラスは陽気で快活な性格であったが、[[指輪戦争]]中に[[ペラルギア]]に立ち寄ってカモメを目撃すると、海や[[トル・エレッセア]]への憧れが常に彼をかき立てるようになった。[[エレスサール王>アラゴルン二世]]が崩御されると、レゴラスは[[イシリアン]]にて船を建造して[[アンドゥイン]]を下り、自らの望みに従い[[西方>アマン]]へと去っていった。その時にギムリを共に連れて行ったという。

『[[The Book of Lost Tales 2]]』によると、[[トゥムハラド]]の合戦を戦い、[[ゴンドリン]]から脱出する一行を導いたエルフの一人に、レゴラスの名がある。だが本項目のレゴラスと同一人物である可能性は低い。

** 映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』における設定 [#n0cb139f]

#amazon(B0007W5FLK)
#amazon(B0001Z93D4)
#amazon(B0002ZGV60)
#amazon(B0015BZ07G)

|~俳優|[[オーランド・ブルーム]]|
|~日本語吹き替え|[[平川大輔]]|

弓の他、二本の短剣を操って戦う。矢を撃ち尽くす描写がないが、戦闘が終わるごとに使えそうな矢を回収しているという設定で、戦闘終了後の矢筒には[[オーク]]の矢もあるのが確認できる。また、たった一人で[[ムーマク>ムマキル]]を倒してしまうなど、すさまじい活躍を見せた。
原作では年齢に関する記述は全くないが、映画設定では2931歳。だとすると生年は[[第三紀]]の初めで、[[エルロンド]]の息子達よりも少し年上。

** コメント [#mf213fa8]

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)