* ムンドブルグの塚山 [#b4c52691]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[詩・歌]]|
|~スペル|Mounds of Mundburg|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#Explanation]

[[ローハン]]の詩人が[[ペレンノール野の合戦]]を歌った詩。ムンドブルグとは[[ローハン語]]で[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]のこと。

|~原文|~『[[指輪物語]]』の邦訳|
|&size(12){We heard of the horns in the hills ringing,&br;the swords shining in the [[South-kingdom>ゴンドール]].&br;Steeds went striding to the [[Stoningland>ゴンドール]]&br;as wind in the morning. War was kindled.&br;There [[Théoden>セオデン]] fell, [[Thengl>センゲル]]ing mighty,&br;to his [[golden halls>黄金館]] and green pastures&br;in the Northern fields never returning,&br;high lord of the host. [[Harding>ハルディング]] and [[Guthláf>グスラフ]]&br;[[Dúnhere>ドゥンヘーレ]] and [[Déorwine>デオルヴィネ]], doughty [[Grimbold>グリムボルド]],&br;[[Herefara>ヘレファラ]] and [[Herubrand>ヘルブランド]], [[Horn>ホルン]] and [[Fastred>ファストレド(ローハン)]],&br;fought and fell there in a far country:&br;in the Mounds of [[Mundburg>ミナス・ティリス(ゴンドール)]] under mould they lie&br;with their league-fellows, lords of [[Gondor>ゴンドール]].&br;Neither [[Hirluin the Fair>ヒアルイン]] to [[the hills>ピンナス・ゲリン]] by the sea,&br;nor [[Forlong the old>フォルロング]] to the flowering vales&br;ever, to [[Arnach>ロスサールナッハ]], to his own country&br;returned in triumph; nor the tall bowmen,&br;[[Derufin>デルフィン]] and [[Duilin>ドゥイリン]], to their dark waters,&br;meres of [[Morthond>モルソンド]] under mountain-shadows.&br;Death in the morning and at day’s ending&br;lords took and lowly. Long now they sleep&br;under grass in Gondor by the [[Great River>大河]].&br;Grey now as tears, gleaming silver,&br;red then it rolled, roaring water:&br;foam dyed with blood flamed at sunset;&br;as beacons mountains burned at evening;&br;red fell the dew in [[Rammas Echor>ランマス・エホール]].};|われらは聞いた、山々に&ruby(つのぶえ){角笛};が鳴り響くのを、&br;[[南の国>ゴンドール]]に剣のひらめきさやぐのを&br;軍馬は勇んで行った、[[ストニグランド>ゴンドール]]へ&br;暁の風のように。戦いの火蓋は切られた。&br;戦場で[[セオデン]]は斃れた、猛き[[センゲル]]の子息は、&br;北方の野の[[黄金の館>黄金館]]に、緑なす牧地に、&br;大軍を&ruby(す){統};べる王は、ついに帰らなかった。&br;[[ハルディング]]と[[グスラフ]]、[[ドゥンヘーレ]]と[[デオルヴィネ]]、&br;剛勇[[グリムボルド]]、[[ヘレファラ]]と[[ヘルブランド]]、&br;[[ホルン]]と[[ファストレド>ファストレド(ローハン)]]、この者たちはみな&br;遠い異郷に戦って倒れた。&br;大地の下なる[[ムンドブルグ>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]の塚山にかれらは眠る、&br;盟友であった[[ゴンドール]]の諸侯とともに。&br;[[金髪のヒアルイン>ヒアルイン]]は、海辺のかの[[山国>ピンナス・ゲリン]]になく、&br;[[老フォルロング>フォルロング]]は、花咲くかの谷間なる、&br;おのが故国[[アルナッハ>ロスサールナッハ]]に&ruby(がいせん){凱旋};することなく、&br;丈高き&ruby(ゆんぜい){弓勢};[[デルフィン]]と[[ドゥイリン]]とは、&br;そが&ruby(ふるさと){故郷};の暗い水の、山陰にある[[モルソンド]]湖に戻らなかった。&br;日の明けと日の暮れとに、死は&br;王侯と兵らとを選びなく奪った。&br;今かれらはとこしえに眠る、[[大河]]のほとり&br;ゴンドールの草葉の陰に。&br;大河は今、涙のようにほの白く、時に銀色にきらめくが、&br;かの時は赤くうねり、おめき&ruby(たけ){咆};った。&br;血に染まった水泡が夕陽に燃えさかった。&br;夕暮れの山々は、&ruby(のろし){烽火};台のように燃えた。&br;[[ランマス・エホール]]の露は赤く&ruby(したた){滴};ったのだ。|

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)