* ミスリル [#r94d5d7d]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[物・品の名前]]|
|~スペル|mithril|
|~その他の呼び名|まことの銀(true-silver)、モリア銀(Moria-silver)|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]でmithは「灰色の」、rilは「輝き」の意。
鉱物の一種。別名「まことの銀」、また[[モリア]]でのみ産出するため「モリア銀」とも呼ばれる。ただし『[[終わらざりし物語]]』によると、[[ヌーメノール]]でも発掘されたそうである。ミスリルは、モリアが繁栄していた時期でも、金の10倍の価値がつけられていたという。

この金属は、銅のように打ち延ばすことができ、ガラスのように磨ける。[[ドワーフ]]の手にかかれば、軽くてしかも鍛えた鋼よりも堅い金属に加工される。しかも、銀のように美しく、一方で銀のように黒ずむことも曇ることもないという。
[[第三紀]]末になると、地上にほとんど存在しない貴重品となっていた。ドワーフはこの金属を求めてモリアを深く掘り進みすぎ、[[ドゥリンの禍]]([[バルログ]])を呼び覚ましてしまう。

>しかし、世界でここだけにしか見いだせないものにモリア銀があった。すなわち人呼んでいうところのまことの銀、[[エルフ]]の言葉でミスリルじゃ。ドワーフたちがつけた名もあるが、かれらはそれを人にはいわぬ。当時でもその値打ちは金の十倍もあった。今では価のつけようもないほどじゃ。というのもそれは地上にはもうほとんど残されてはおらず、[[オーク]]どもですら、あえてそれをここで掘り求めようとはせぬからじゃ。鉱脈はここから北の[[カラズラス]]の方に向かって続き、暗闇の中へ下っておる。ドワーフたちは自分たちのことを語らぬが、ミスリルはかれらの富の基になったとともに、かれらの破滅にもつながったのじゃ。かれらはあまりにも貪欲に、あまりにも深く掘りすぎた。そして、そのためにかれらが逃げ出したもの、すなわち『ドゥリンの禍』の目を覚まさせたのじゃ。かれらが掘り出して明るい所にもたらしたものは、オークどもがほとんど全部かき集め、これを[[サウロン]]に貢物として贈った。サウロンめは涎が出るほどこれを欲しがっておったのじゃ。
「ミスリル! すべての民がこれを欲しがった。これは銅のように打ち延ばすことができた。またガラスのように磨くことができた。ドワーフたちはこれを軽くてしかも鍛えた鋼よりも堅い金属に作り上げることができた。その美しさはふつうの銀のそれに似ておるが、ミスリルの方はくろずむこともなく、曇ることもなかった。エルフたちはこれを非常に好んだ。そしていろんなものに用いたが、これで[[イシルディン]]、すなわちあんた方が[[扉>モリアの壁]]の上に見た星月を作ったのじゃ。((『[[指輪物語]] [[旅の仲間]]』暗闇の旅 [[ガンダルフ]]の言葉))

[[スマウグ]]が死蔵していた宝の一つに[[ミスリルの胴着]]があった。これは[[トーリン二世]]から[[ビルボ・バギンズ]]に与えられ、さらにその後[[フロド・バギンズ]]に与えられた。
また[[ネンヤ]]はミスリルで作られていた。

[[第四紀]]に入ると、[[燦光洞]]の領主となった[[ギムリ]]と彼の民のドワーフは、[[魔王]]によって粉砕された[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]の城門代わりに、ミスリルと鋼による新たな門を作ったという。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,noname,,,,reply)