#author("2016-12-23T20:11:35+09:00","","")
#author("2017-07-24T20:46:53+09:00","","")
* マークの角笛 [#v094da9e]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[物・品の名前]]|
|~スペル|Horn of the Mark|
|~その他の呼び名|ローハンの角笛(the horn of Rohan)|

** 解説 [#Explanation]
>そしてエオウィンはメリーに古い角笛を与えました。それは形は小型でしたが、全体が美しい銀で巧みに作られており、緑の飾帯がついていました。そして細工師の手によって、尖端から口までぐるぐると線状に速駆ける騎士たちの姿が彫ってありました。そしてそこにはまたすぐれた効力を持った[[ルーン文字>キアス]]が刻まれていました。((『[[指輪物語]] [[王の帰還]] 下』 「六 数々の別れ」))

[[メリアドク・ブランディバック]]が、[[ペレンノール野の合戦]]における[[魔王]]との戦いで[[デルンヘルム>エオウィン]]を助けた功績を称えられ、[[エオウィン]]より賜った角笛。元々は[[スカサ]]の溜め込んだ財宝の中から出てきた[[ドワーフ]]の角笛で、[[エオル>エオル(レオドの息子)]]が北方より持ち来って以来、[[ローハン]]王家の宝物として受け継がれていた。この角笛の音は敵に恐怖を抱かせ、味方の心に喜びをもたらし救援を呼び寄せる効果がある。

[[水の辺村の合戦]]に先立つ[[第三紀]][[3019年>大いなる年#year3019]]11月2日、[[サルマン]]配下のごろつきによって支配されていた[[ホビット庄]]を解放するため、メリアドクは[[ホビット]]たちを蜂起させようとこの角笛で[[警報>バック郷の非常用角笛]]を吹き鳴らし、大きな効果をもたらした。以後[[バック郷]]では毎年11月2日の日没時にこの角笛が吹き鳴らされ、大篝火祝宴が行われるようになった。
[[水の辺村の合戦]]に先立つ[[第三紀]][[3019年>大いなる年#year3019]]11月2日、[[サルマン]]配下のごろつきによって支配されていた[[ホビット庄]]を解放するため、メリアドクは[[ホビット]]たちを蜂起させようとこの角笛で[[警報>バック郷の非常用角笛]]を吹き鳴らし、大きな効果をもたらした。以後[[バック郷]]では毎年11月2日の日没時にこの角笛が吹き鳴らされ、篝火を焚いて祝宴が行われるようになった。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)