* マルディル [#b12e21fb]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Mardil|
|~その他の呼び名|ヴォロンウェ(Voronwë)|
|~種族|[[人間]]([[ドゥーネダイン]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]](1960)~2080(享年120)。執杖2050~2080(30年間)|
|~親|[[ヴォロンディル]](父)|
|~兄弟||
|~配偶者||
|~子|[[エラダン]](息子)|

** 解説 [#Explanation]
|>|>|~[[ゴンドール]]の[[執政]]|h
|CENTER:先代&br;[[ヴォロンディル]]|CENTER:[[エアルヌア]]王の執政&br;''マルディル''・ヴォロンウェ|CENTER:次代&br;[[エラダン]]|

|>|>|~[[ゴンドール]]の[[統治権を持つ執政>執政#u6c07482]]|h
|CENTER:'''王還りますまで'''&br;執政家による統治|CENTER:初代&br;''マルディル''・ヴォロンウェ&br;第三紀2050 - 2080|CENTER:第2代&br;[[エラダン]]&br;2080 - 2116|
「不動の者」の意であるヴォロンウェと呼ばれる。[[ゴンドール]]の統治権を持つ初代の[[執政]]。[[エミン・アルネンのフーリン>フーリン(エミン・アルネン)]]の子孫。

[[エアルヌア]]が[[ゴンドール]]の王位についていたときの執政。[[第三紀]]2043年、[[魔王]]に一騎打ちを挑まれた[[エアルヌア]]が、[[モルドール]]に行くことをマルディルは制止する。だが2050年、エアルヌアが再び魔王に挑戦されると、今度はマルディルはエアルヌアを制止することは出来なかった。エアルヌアはそのまま[[モルドール]]に行って行方不明になり、戻ることはなかった。
エアルヌアは妻も子も残さなかった。有力な王の近親者もいなかったため、[[エルダカール>エルダカール(ヴァラカールの息子)]]が戴冠したときのような、王位継承権を起こっての内乱が再び起こることを恐れたゴンドール人は、王位継承者を選出することを諦める。
そのためマルディルは「王還りますまで」ゴンドールを統治することになり、以後彼の子孫が[[執政]]としてゴンドールを治めることになった。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,noname,,,,reply)