* ボンブール [#r3bc764b]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Bombur|
|~異訳|ボンバー|
|~その他の呼び名||
|~種族|[[ドワーフ]]|
|~性別|男|
|~生没年||
|~親||
|~兄弟||
|~配偶者||
|~子||

** 解説 [#Explanation]

『[[ホビットの冒険]]』において、[[ビルボ>ビルボ・バギンズ]]及び[[トーリン二世]]と共に、[[エレボール]]に遠征した13人の[[ドワーフ]]の一人。[[モリア]]のドワーフの出であるが、[[ドゥリン]]の家系ではない。『[[ホビットの冒険]]』では薄緑の頭巾をしていた。お茶の時間に[[袋小路屋敷]]に押しかけた際にはビルボにポークパイとサラダを注文し、食後には太鼓を演奏している。

ボンブールは肥満体質のうえ臆病で、はっきり言って終始他の仲間のお荷物であり、実際にボンブールが[[魔の川]]で溺れて眠り込んでしまった時は他の仲間が彼の体を担いで運ばなければならなかった。ボンブールはこの時夢の中で[[エルフ王>スランドゥイル]]とその仲間の森エルフたちが森の中で宴会をしているのを目にしている。

ボンブールは[[五軍の合戦]]でも生き残り、[[山の下の王国>エレボール#kingdom]]に移住する。『[[指輪物語]]』時代にはさらに太り、ベッドから食卓の椅子まで移動するのにも6人ものドワーフの介添えが必要になるほどだったという。

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#Hobbitmovie]

|~俳優|[[スティーブン・ハンター]]|
|~日本語吹き替え|不明|

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)