* ボフール [#c843e58e]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Bofur|
|~異訳|ボファー|
|~その他の呼び名||
|~種族|[[ドワーフ]]|
|~性別|男|
|~生没年|不明|
|~親|不明|
|~兄弟|[[ボンブール]]|
|~配偶者|不明|
|~子|不明|

** 解説 [#Explanation]

『[[ホビットの冒険]]』において、[[ビルボ>ビルボ・バギンズ]]及び[[トーリン二世]]と共に[[エレボール]]に遠征した13人の[[ドワーフ]]の一人。[[モリア]]のドワーフの出であるが、[[ドゥリン]]の家系ではない。[[ボンブール]]とは兄弟だがどちらが兄かは明確ではない。[[ビフール]]とは従兄弟にあたる。
『[[ホビットの冒険]]』では[[ビフール]]と同じく黄色い頭巾をしていた。お茶の時間に[[袋小路屋敷]]に押しかけた際にはビルボに干しぶどう入りのパイとチーズを注文し、食後にはビフールと同じくクラリネットを演奏している。
ボフールは[[五軍の合戦]]でも生き残り、[[山の下の王国>エレボール#kingdom]]に移住している。

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#Hobbitmovie]

|~俳優|[[ジェームズ・ネズビット]]|
|~日本語吹き替え|[[平田広明]]|
#amazon(B00EG9J5SY)
[[袋小路屋敷]]のシーンでは、[[ドワーリン]]と共に2人で楽器を演奏している(楽器は原作にあるクラリネットではなく、ジェームズ・ネズビットが実際に吹けるフルートに変更されている)。
平民階級出身の一労働者に過ぎないため、祖国再興の大義を掲げるトーリン他の王族達と違い、山に眠る莫大な報酬の方に惹かれて参加した。[[霧ふり山脈]]を越える途中の洞窟で皆が寝入った後、黙ってひとり家に帰ろうとするビルボに気がつき、彼の[[ホビット庄]]という故郷への想いを理解し「君の幸せを祈っている」と笑顔で別れを告げる(その直後[[ゴブリン町]]への入り口が開いて皆が落ちる羽目になったため、実際には別れずに終わった)。
平民階級出身の一労働者に過ぎないため、祖国再興の大義を掲げるトーリン他の王族達と違い、山に眠る莫大な報酬の方に惹かれて参加した。

[[湖の町>エスガロス]]から皆が出発するとき、寝坊して置いて行かれてしまい、その後湖の町に残ることになった[[フィーリ]]、[[キーリ]]、[[オイン>オイン(ファリンの息子グローインの息子)]]と合流する。
『思いがけない冒険』では、[[霧ふり山脈]]を越える途中の洞窟で皆が寝入った後、黙ってひとり家に帰ろうとするビルボに気がつき、彼の[[ホビット庄]]という故郷への想いを理解し「君の幸せを祈っている」と笑顔で別れを告げる(その直後[[ゴブリン町]]への入り口が開いて皆が落ちる羽目になったため、実際には別れずに終わった)。
『竜に奪われた王国』では、[[湖の町>エスガロス]]から皆が出発するとき、寝坊して置いて行かれてしまい、その後湖の町に残ることになった[[フィーリ]]、[[キーリ]]、[[オイン>オイン(ファリンの息子グローインの息子)]]と合流する。
『決戦のゆくえ』では、エレボールのトーリンらと合流後、[[アーケン石]]を[[バルド]]たちに渡したことを告白してトーリンに殺されそうになったビルボを逃がすなど、ビルボを気遣っている点が強調されている。

下記画像中央。
&ref(ボンブール/bombur-bofur-bifur.jpg,,50%,ボンブール(左)、ボフール(中)、ビフール(右));

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)