#author("2016-06-08T02:15:49+09:00","","")
* ベレリアンド最初の合戦 [#yc9f3738]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[歴史・事件]]|
|~スペル|The first battle of Beleriand|
|~その他の呼び名|最初の合戦(The first battle)|
|~スペル|First Battle of Beleriand|
|~異訳|ベレリアンド第一の合戦|
|~その他の呼び名|ベレリアンドの戦いの最初の合戦(the first battle in the Wars of Beleriand)|

** 解説 [#Explanation]

[[太陽の第一紀>第一紀]]が始まる前、[[ノルドール]]の帰還以前に[[ベレリアンド]]で起きた、[[エルフ]]と[[モルゴス]]との最初の合戦。
[[オーク]]の軍勢が、モルゴスの送り出す雲に隠れて北方の高原地方に入り、そこから大挙してべレリアンドに進入し、[[メネグロス]]の両側を襲った。[[エグラレスト]]の[[キーアダン]]との連絡を絶たれた[[シンゴル]]は[[デネソール>デネソール(レンウェの息子)]]に救援を要請し、それに応じて[[オッシリアンド]]の[[ナンドール・エルフ>ナンドール]]たちが参戦した。結果、[[アンドラム]]の北方、[[アロス]]川と[[ゲリオン]]川の間でエルフの軍勢に挟み撃ちに遇ったオークの軍勢は完全に敗北して、北に逃げた者も[[ドルメド山>ドルメド]]から出撃した[[ドワーフ]]に討ち取られたが、デネソールは[[アモン・エレブ]]山頂で討ち死にした。また、キーアダンの軍勢は敗北して海岸際まで追いやられた。
[[太陽の第一紀>第一紀]]が始まる前、[[ノルドール]]の[[中つ国]]帰還以前に[[ベレリアンド]]で行われた、[[エルフ]]と[[モルゴス]]との最初の合戦。

その後、シンゴルの軍勢が生き残った者を集めて[[ネルドレス]]と[[レギオン]]の砦に引き揚げると、[[メリアン]]は防衛のためにシンゴルの王国の周りに[[魔法帯]]をめぐらせた。以降、シンゴルの王国は[[ドリアス]]と呼ばれるようになった。オッシリアンドのエルフたちはデネソールの死を悼んで再び王を戴くことをせず、戦いに赴くこともしなかった。また、守りの堅固なドリアスに逃れた者も多かった。
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|>|~[[エルダール]]軍|
|~種族|~勢力|~指導者・参戦者|
|[[エルフ]]([[テレリ]])|[[エグラドール]]([[シンダール]])|[[シンゴル]]|
|~|[[オッシリアンド]]([[ナンドール]])|†[[デネソール>デネソール(レンウェの息子)]]|
|~|[[ファラス]]([[ファラスリム]])|[[キーアダン]]|
|>|>|~[[モルゴス]]軍|
|~種族|>|~指導者・参戦者|
|[[オーク]]|>||

[[アングバンド]]から出撃した[[オーク]]の軍勢が、モルゴスの送り出す雲に隠れて北方の高地地方に入り、そこから大挙してべレリアンドに侵入し、東と西に分かれて[[メネグロス]]の両側を襲った。東の軍勢は[[ケロン]]川と[[ゲリオン]]川の間を、西の軍勢は[[シリオン]]川と[[ナログ]]川の間の平原を略奪し、[[シンゴル]]は[[エグラレスト]]の[[キーアダン]]との連絡を絶たれた。
シンゴルは[[ナンドール・エルフ>ナンドール]]の[[デネソール>デネソール(レンウェの息子)]]に救援を要請し、[[アンドラム]]の北方、[[アロス]]川と[[ゲリオン]]川の間で、東の[[オーク]]の軍勢を攻撃した。[[レギオン]]と[[オッシリアンド]]のエルフの軍勢により、挟み撃ちにされた[[オーク]]の軍勢は完敗し、北に逃げた者も[[ドルメド山>ドルメド]]から出撃した[[ドワーフ]]に討ち取られ、[[アングバンド]]へ逃げ延びた者は僅かだった。だがオッシリアンドのエルフはオークに比べて軽装だったため、オークには敵わず、デネソールは[[アモン・エレブ]]の山頂で包囲された末に討ち死にした。
また、[[キーアダン]]は西のオークの軍勢に敗北して海岸際まで追いやられ、[[ファラス]]の港で包囲された。この包囲は後に[[ベレリアンド第二の合戦>ダゴール=ヌイン=ギリアス]]が起きたことで解かれた。

*** その後の影響 [#xfa9f764]

[[シンゴル]]は生存者を出来る限り集めて[[ネルドレス]]と[[レギオン]]の砦に引き揚げさせ、[[メリアン]]が防衛のためにシンゴルの王国[[エグラドール]]の周りに[[魔法帯]]をめぐらせた。以降、エグラドールは[[ドリアス]]と呼ばれるようになった。
[[オッシリアンド]]の[[ナンドール・エルフ>ナンドール]]たちは[[デネソール>デネソール(レンウェの息子)]]の死を悼んで再び王を戴くことをせず、隠れ潜んで戦いに赴くこともしなくなり、[[ライクウェンディ(緑のエルフ)>緑のエルフ]]と呼ばれる民になった。だが守りの堅固なドリアスに逃れ、シンゴルの民に合流した者も多かった(その多くは[[アルソーリエン]]に住み着いた)。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)