#author("2017-05-05T02:43:17+09:00","","")
#author("2017-07-17T03:17:04+09:00","","")
* ブランディワイン橋 [#wdea906c]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Brandywine Bridge|
|~その他の呼び名|石弓橋(Bridge of Stonebows) &br; 大橋、ブランディワイン大橋(the Great Bridge)|

** 解説 [#Explanation]

「石弓橋」とも呼ばれる。[[ホビット庄]]の東の境、[[ブランディワイン]]川に架かる橋の名。[[東街道]]が通っており、[[アルノール]]の盛期に建造された。

[[マルコ]]と[[ブランコ]]の兄弟が[[アルセダイン]]の王[[アルゲレブ二世]]からホビット庄の土地を与えられた条件には、この橋を含む橋と道路の維持管理があった。

[[指輪戦争]]の頃、[[サルマン]]配下のごろつきがホビット庄を支配するようになると、橋の両側には門が設けられた。橋のホビット庄側にあった橋宿(Bridge Inn)は取り壊されて門衛の詰所となり、[[人間]]用の詰所には[[しだ家のビル]]が、[[ホビット]]用の詰所には[[家畜番のホブ]]などのホビットたちが詰めていた。[[旅人たち]]によってサルマンとその一味が倒されると、これらの門や建物は取り壊された。
[[指輪戦争]]の頃、[[サルマン]]配下のごろつきがホビット庄を支配するようになると、橋の両側には門が設けられた。橋の西側にあった[[橋宿]]は取り壊されて門衛の詰所となり、[[人間]]用の詰所には[[しだ家のビル]]が、[[ホビット]]用の詰所には[[家畜番のホブ]]などのホビットたちが詰めていた。[[旅人たち]]によってサルマンとその一味が倒されると、これらの門や建物は取り壊された。

[[第四紀]]15年([[ホビット庄暦]]1436年)に[[エレスサール王>アラゴルン二世]]が[[北方王国]]に行幸した際、王は自らの定めた法に従い、この橋を渡ってホビット庄には入らず、ここで友人たちと挨拶した。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)