#author("2017-10-31T23:35:35+09:00","","")
* フレカ [#pc530323]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Freca|
|~種族|[[人間]]|
|~性別|男|
|~生没年|不明~†[[第三紀]]2754|
|~子|[[ウルフ]](息子)|

** 解説 [#Explanation]

[[ヘルム]]が[[マーク>ローハン]]の王だった時代の、[[西境>西境(ローハン)]]の有力者。[[アドーン]]川の両側に広大な土地を所有し、その水源近くに本拠地を置いていた。[[マーク>ローハン]]5代目の王[[フレーアウィネ]]の末裔を自称していたが、実際には[[褐色人]]の血が多く流れていると言われ、現に髪は黒かった。
フレカはヘルムからは信用されなかったが、王の会議には招集されていた。彼はヘルムの事は歯牙にも掛けず、気の向くままに王の会議にやってきていた。

2754年にフレカは多くの手下を引き連れて王の会議に出席し、自分の息子[[ウルフ]]の嫁としてヘルムの娘を要求した。だがヘルムに、特に肥満体型である点などを馬鹿にされたことで激怒し、彼を罵った。すると会議の後に、フレカはヘルムによって(宮廷内での私闘が法で許されていないため)[[エドラス]]の外へ連れ出され、ヘルムに殴り殺された。ウルフを含むフレカの近親者はヘルムによって王の敵と見なされ、国外へ追放された。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)