#author("2020-01-02T01:52:42+09:00;2019-01-07T22:09:15+09:00","","")
* フレアラフ [#u421251f]
** 概要 [#m05738ff]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|人名|
|~スペル|Fréaláf|
|~その他の呼び名||
|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Fréaláf((邦訳『[[追補編>指輪物語/追補編]]』の固有名詞便覧ではFréal''a''fだが、Fréal''á''fが正しい。))|
|~異訳|フレアラーフ|
|~その他の呼び名|ヒルドの息子フレアラフ(Fréaláf Hildeson)((「ヒルデの息子」の訳もあり))|
|~種族|[[人間]]([[ロヒアリム]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]]2726~2798(享年72)。在位2759~2798(39年間)|
|~生没年|[[第三紀]]2726~2798年(享年72)|
|~親|[[ヒルド]](母)|
|~兄弟|不明|
|~配偶者|不明|
|~子|[[ブリッタ]](息子)|

** 解説 [#zf1d3f24]
** 解説 [#Explanation]

[[ヘルム]]の妹である[[ヒルド]]の息子。[[ブリッタ]]の父。[[マーク]]十代目の王。
2758年、[[ウルフ]]が[[褐色人]]を率いてマークを攻撃し、[[ヘルム峡谷]]で[[ヘルム]]王が死んだ後、フレアラフは[[馬鍬砦]]から少数の配下を率いて出撃し、敵に占拠されていた[[メドゥセルド]]を奇襲、[[ウルフ]]を討ち取って[[エドラス]]を奪回する。その後やって来た[[ゴンドール]]の援軍にも助けられ、2795年の終わりまでには、フレアラフはローハンから褐色人を駆逐した。
その時、既にヘルムの息子である[[ハレス>ハレス(ヘルムの息子)]]と[[ハマ>ハマ(ヘルムの息子)]]は死んでいたため、フレアラフがマークの王位を継ぐ(マーク王家の第二家系)。
|>|>|~[[リダーマーク]]の王|h
|CENTER:第9代&br;[[ヘルム]]&br;2741~2759|CENTER:第10代&br;ヒルドの息子''フレアラフ''&br;[[第三紀]]2759~2798年(39年間)|CENTER:第11代&br;[[ブリッタ]]&br;2798~2842|

フレアラフの戴冠式の時、[[サルマン]]が贈り物を持って現われ、ロヒアリムもサルマンを味方として歓迎する。以後サルマンは[[アイゼンガルド]]に居を構え、褐色人との戦いによって疲弊していたロヒアリムは、実際サルマンに助けられた。
[[マーク(ローハン)>ローハン]]10代目の王。[[ヘルム]]の姉妹[[ヒルド]]の息子。
[[第三紀]]2758年の[[大侵略]]で[[褐色人]]を率いる[[ウルフ]]が[[エドラス]]を占領して[[メドゥセルド>黄金館]]でマークの王を僭称し、翌2759年には[[ヘルム峡谷]]に籠城していた[[ヘルム]]王が死んだ。2758年から続いた[[長い冬]]が終わると、フレアラフは[[馬鍬砦]]から少数の部隊を率いて出撃し、メドゥセルドを奇襲してウルフを討ち取り、エドラスを奪回した。[[アイゼンガルド]]を占拠していた褐色人も冬による飢饉に苦しめられてフレアラフに降伏し、[[東夷]]は雪解けで発生した[[エント川]]の大洪水によって死ぬか撤退した。[[ベレゴンド>ベレゴンド(ベレンの息子)]]から送られた[[ゴンドール]]の援軍にも助けられ、2759年の終わりまでにフレアラフはマークから褐色人を駆逐した。
その時、既にヘルムの息子である[[ハレス>ハレス(ヘルムの息子)]]と[[ハマ>ハマ(ヘルムの息子)]]は死んでいたため、甥であるフレアラフがマークの王位を継いだ(マーク王家の第二家系の始まり)。

** コメント [#qdd56449]
2759年のフレアラフの戴冠式の時、[[サルマン]]が贈り物を携えて現われ、[[ロヒアリム]]も彼を味方として歓迎した。同年にサルマンは[[執政]][[ベレン>ベレン(エガルモスの息子)]]によって[[アイゼンガルド]]を与えられ、そこに居を構えた。[[大侵略]]と[[長い冬]]の飢饉によって疲弊していた当時のマークにとって、サルマンの存在は有益なものだった。

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)
** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)