* フレアラフ [#u421251f]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Fréaláf((『[[指輪物語]] [[追補編]]』の索引ではFréal''a''fだが、Fréal''á''fが正しい))|
|~スペル|Fréaláf((『[[指輪物語]] [[追補編]]』の索引では「Fréal''a''f」だが、「Fréal''á''f」が正しい))|
|~異訳|フレアラーフ|
|~その他の呼び名||
|~種族|[[人間]]([[ロヒアリム]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]]2726~2798(享年72)。在位2759~2798(39年間)|
|~親|[[ヒルド]](母)|
|~兄弟|不明|
|~配偶者|不明|
|~子|[[ブリッタ]](息子)|

** 解説 [#Explanation]
|~(第一家系)|>|~[[リダーマーク]]の王(第二家系)|h
|CENTER:第9代&br;[[ヘルム]]&br;2741~2759|CENTER:第10代&br;''フレアラフ''&br;[[第三紀]]2759~2798|CENTER:第11代&br;[[ブリッタ]]&br;2798~2842|
[[ヘルム]]の妹である[[ヒルド]]の息子。[[ブリッタ]]の父。[[マーク]]十代目の王。
2758年、[[ウルフ]]が[[褐色人]]を率いてマークを攻撃し、[[ヘルム峡谷]]で[[ヘルム]]王が死んだ後、フレアラフは[[馬鍬砦]]から少数の配下を率いて出撃し、敵に占拠されていた[[メドゥセルド]]を奇襲、[[ウルフ]]を討ち取って[[エドラス]]を奪回する。その後やって来た[[ゴンドール]]の援軍にも助けられ、2795年の終わりまでには、フレアラフはローハンから褐色人を駆逐した。
その時、既にヘルムの息子である[[ハレス>ハレス(ヘルムの息子)]]と[[ハマ>ハマ(ヘルムの息子)]]は死んでいたため、フレアラフがマークの王位を継ぐ(マーク王家の第二家系)。

フレアラフの戴冠式の時、[[サルマン]]が贈り物を持って現われ、ロヒアリムもサルマンを味方として歓迎する。以後サルマンは[[アイゼンガルド]]に居を構え、褐色人との戦いによって疲弊していたロヒアリムは、実際サルマンに助けられた。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)