* フェン・ホルレン [#re9aab15]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Fen Hollen|
|~異訳||
|~その他の呼び名|開かずの入り口(the Closed Door)|
|~その他の呼び名|開かずの入り口(the Closed Door)&br;執政の入り口(the Steward’s Door)|

** 解説 [#Explanation]

開かずの入り口の意。[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]第六環状区の背後の城壁にある扉の名。[[ラス・ディネン]]へ通じる。葬儀の時以外はいつも閉じられていたため、この名で呼ばれていた。
扉の脇には門番小屋がある。
開かずの入り口の意。[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]第六環状区の背後の城壁にある扉の名。[[ラス・ディネン]]へと通じる道の入り口で、葬儀の時以外はいつも閉じられていたため、この名で呼ばれていた。

入口の脇にある小屋には門番がいたが、ラス・ディネンで[[ファラミア]]を道連れに焼身自殺を試みた[[執政]][[デネソール二世]]を止ようと[[ベレゴンド>ベレゴンド(バラノールの息子)]]が駆け付けた際、門番は剣を抜いて抵抗したため、ベレゴンドはやむなく彼を殺害し、扉の鍵を奪って通った。
[[ガンダルフ]]と共にファラミアを運び出した後、ベレゴンドは入り口を閉め、ガンダルフから鍵の管理を命じられた。
** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)