* ファンゴルン [#qcc0c686]
** 概要 [#k3ef40aa]

|~カテゴリー|地名|
|~スペル|Fangorn|
|~その他の呼び名|アンバローナ(Ambarona)、タウレモールナ(Tauremorna)((taureは「森」morは「暗い」で、エント流に用いられたクウェンヤ))、アルダロメ(Aldalome)((aldaはクウェンヤで「木」の意味))|

** 解説 [#d9293391]

[[シンダール語]]で[[木の鬚]]の意(この地に住む木の鬚から名が取られたのだろう)。[[霧ふり山脈]]の南東、[[オルサンク]]の北西、[[ローハン]]と[[ロスローリエン]]の中間あたりにある[[エント]]が住む森林。かつてはさらに巨大な森林で、「[[古森]]までりすが木々の枝を渡っていくことができたほど」だったという。
[[木の鬚]]自身の歌った歌によると、アンバローナ、タウレモールナ、アルダロメといった別名もある。
[[指輪戦争]]の時、[[オーク]]から逃げ出した[[ペレグリン・トゥック]]と[[メリアドク・ブランディバック]]が逃げ込み、[[木の鬚]]に出会う。

>「わたしは歩く、アンバローナ、タウレモールナ、アルダロメを。わたしの土地を、ファンゴルンの森を。」

** コメント [#g35f29c7]

- 古森もかつてはここの一部だったんでしょうね。柳じじいのことを考えると。 -- エグゼクター
- メリーとピピンがこの森で感じた息苦しさは、濃厚なフィトンチッドの所為だろうか --  &new{2007-10-03 (水) 19:53:41};

#comment
#pcomment(,6,,,,,reply)