#author("2019-07-07T14:52:21+09:00","","")
-この森に住むエントの最長老については、[[木の鬚]]を参照してください。
----
* ファンゴルン [#qcc0c686]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Fangorn|
|~その他の呼び名|アンバローナ(Ambaróna) &br; タウレモールナ(Tauremorna)(([[エント]]流につなげた[[クウェンヤ]]の名。'''taure'''は森(forest)、'''morna'''は暗い(dark)の意味)) &br; タウレモールナローメ(Tauremornalómë)((エント流につなげたクウェンヤの名。タウレモールナに、薄暗い(dusk)の意味の'''lómë'''を加えた語)) &br; アルダロメ(Aldalómë)(('''alda'''はクウェンヤで木(tree)の意味)) &br; エント森、エントの森(Entwood)(([[古英語]]の'''Entwudu'''を現代英語化した形。'''wudu'''はwoodのこと)) &br; 東の端(East End)((『[[unfinished index]]』'Name of Fangorn Forest in the Elder Days'([[上古]]のファンゴルンの森の名)。))|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]で「木の鬚」の意(この地に住む[[エント]]の[[木の鬚]]の名が、土地の呼び名に転用されたものと思われる)。
[[霧ふり山脈]]の南東、[[アイゼンガルド]]の北東、[[ローハン]]と[[ロスローリエン]]の中間あたりにある、[[エント]]が住む森林。太古の大森林の生き残りで、[[第一紀]]以前には[[緑森大森林>闇の森]]や[[ロスローリエン]]の森とつながり、[[エリアドール]]一帯や[[ベレリアンド]]に至るまで広がっていたという。
[[木の鬚]]自身の歌った[[歌>木の鬚の歌]]では、アンバローナ、タウレモールナ、タウレモールナローメ 、アルダロメなどと表現される。[[ローハン]]ではエント森と呼ばれた。

>「これは古い森だ。とても古い森なのさ。」と、エルフがいいました。「それはそれは古いので、わたしなんか、君のような子供たちと旅に出てから感じたこともないほど、子供っぽくなったような感じがするくらいさ。この森は古く、たくさんの記憶を秘めてる。もし平和な時代に来たのであれば、ここで楽しくできるのに。」((『[[二つの塔>指輪物語/二つの塔]]』「白の乗手」 ファンゴルンの森について[[ギムリ]]に向けて語る[[レゴラス]]の言葉。))

幾重にも生い茂った樹木の列が灰色の黄昏に没しており、その他には生物の気配を感じないほど森閑としている。ここの木々は[[エント]]に育てられたためにある程度の意志に目覚めており、[[闇の森]]や[[古森]]ほど重苦しくはないにしても濃厚な気配が満ち、森を害する者に敵意を持っている。中には大暗黒の暗闇がいまだに残存し、邪悪な心を持った木々が巣食っている極めて危険な場所も点在するという。

[[大いなる年]]、[[オーク]]の一団から逃げ出した[[メリアドク・ブランディバック]]と[[ペレグリン・トゥック]]がこの森に逃げ込み、[[木の鬚]]と出会った。その結果[[サルマン]]の裏切りを知った森の[[エント]]達は蜂起し、[[アイゼンガルド]]まで遠征してこれを陥落させた。
また、メリアドクとペレグリンを探してファンゴルンにやってきた[[レゴラス]]はこの森に魅せられ、[[指輪戦争]]の終結後に[[ギムリ]]を連れてこの森を散策したようである(その代わり、ギムリはレゴラスを[[燦光洞]]へ連れて行った)。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)