* ファンゴルン [#qcc0c686]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Fangorn|
|~その他の呼び名|アンバローナ(Ambarona)&br;タウレモールナ(Tauremorna)&br;タウレモールナローメ(Tauremornalome)((taureは「森」、morもlomeも「暗い、薄暗い」の意味で、[[エント]]流につなげた[[クウェンヤ]]。))&br;アルダロメ(Aldalome)((aldaはクウェンヤで「木」の意味))|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]で[[木の鬚]]の意(この地に住む[[エント]]の木の鬚の名が、土地の呼び名に転用されたものと思われる)。
[[霧ふり山脈]]の南東、[[オルサンク]]の北東、[[ローハン]]と[[ロスローリエン]]の中間あたりにある、[[エント]]が住む森林。太古の大森林の生き残りで、[[第一紀]]の頃には[[緑森大森林]]や[[ロスローリエン]]の森とつながり、[[エリアドール]]一帯や[[ベレリアンド]]に至るまで広がっていたという。
[[木の鬚]]自身の歌った歌によると、アンバローナ、タウレモールナ、タウレモールナローメ 、アルダロメといった別名もある。

ここの木々はエントに育てられてある程度の意志に目覚めており、[[古森]]ほど重苦しくはないにしても濃厚な気配が満ち、森を害する者に敵意を持っている。
[[指輪戦争]]の時、[[オーク]]から逃げ出した[[ペレグリン・トゥック]]と[[メリアドク・ブランディバック]]が逃げ込み、[[木の鬚]]に出会った。

>わたしは歩く、アンバローナ、タウレモールナ、アルダロメを。
わたしの土地を、ファンゴルンの国を。
この地は、木の根が長く、年月が積もって、
タウレモールナローメの木の葉よりも厚いところ。((『[[二つの塔]]』[[木の鬚]]が[[メリー>メリアドク・ブランディバック]]と[[ピピン]]に聴かせた歌))
タウレモールナローメの木の葉よりも厚いところ。((『[[二つの塔]]』[[木の鬚]]が[[メリー>メリアドク・ブランディバック]]と[[ピピン>ペレグリン・トゥック]]に聴かせた歌))

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)