* パイプ草 [#t23394c0]
** 概要 [#m5e43afd]

|~カテゴリー|植物|
|~スペル|pipe-weed, weed((『[[ホビットの冒険]]』中ではtobaccoという表記もあったが、『[[指輪物語]]』ではその表記はほとんどない。これはトールキンが、文章をイギリス的な英語にしようという試みだと考えられている))|
|~その他の呼び名|かぐわし草(sweet galenas)、西の人の草(westmansweed)、ガレナス(galenas)|

** 解説 [#ke8c04b9]

ニコチアナの一種と思われる草。[[シンダール語]]では「緑の葉」の意(?)であるガレナスと呼ばれる。ゴンドールではかぐわし草、西の人の草などとも呼ばれていたという。

パイプ草という植物は、元々は[[ヌーメノール]]から渡ってきた植物と思われ、[[ゴンドール]]には多く自生していた。ゴンドールの[[人間]]はこの草を燃やして吸うことはせず、かぐわし草と呼んで、香りを楽しんでいた。『[[ホビット庄本草考]]』によれば、南方産の方がホビット庄産よりも香りがよい。
その草が次第に北上し、[[角笛吹きトボルド]]が[[ホビット庄]]の[[南四が一の庄>四が一の庄#South]]で、初めてパイプ草の栽培を始めた(これが今でも最高級品のパイプ草とされる)。やがて[[ブリー村]]の[[ホビット]]から、この草をパイプに詰めて燃やし、その煙を吸う習慣が始まったとされる。そこから北方の[[人間]]、[[闇の森]]や[[裂け谷]]の[[エルフ]]、[[青の山脈]]や[[はなれ山]]の[[ドワーフ]]達といった中つ国北方の各種族へと、この習慣が広がっていった([[第三紀]]末の時点で、[[ローハン]]や[[ゴンドール]]にまでは広がっていない)。
だがパイプ草をもっとも好んでいたのはやはりホビットであり、ホビットによるパイプ草の栽培も盛んだった。また彼らは、パイプ草を吸うことを「芸」とも呼んでいた。

[[ガンダルフ]]もパイプ草を好んでいた。[[サルマン]]はこのことを嘲笑したが、やがてサルマン自身もパイプ草を愛好するようになり、ホビット庄への浸透を始めるのと同時期に、配下の人間を使って[[袴帯家]]や[[サックビル=バギンズ家>オソ・サックビル=バギンズ]]の農園から密かにパイプ草を買い付けはじめる([[アイゼンガルド]]の廃墟の中から[[ペレグリン・トゥック]]と[[メリアドク・ブランディバック]]がパイプ草を見つけたのはそのためである)。だがサルマンは誇りのために、パイプ草のことを秘密にしていた。

** トールキンとパイプ [#n5369cbd]

[[指輪物語]]劇中には何度もパイプ草の描写が現れているが、[[トールキン>ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]]自身が大のパイプ党であった影響が大きく現れている。

** コメント [#r722f23d]

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)