* バルド [#v76a4b48]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Bard|
|~異訳|バード|
|~その他の呼び名||
|~種族|[[人間]]|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]]|
|~親|不明|
|~兄弟|不明|
|~配偶者|不明|
|~子|[[バイン]](息子)、[[シグリッド]]((映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定))(娘)、[[ティルダ]]((映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定))(娘)|

** 解説 [#Explanation]

[[エスガロス]]の弓の達人。[[谷間の国]]の領主[[ギリオン]]の子孫。

[[第三紀]]2941年、[[はなれ山]]から出撃した[[スマウグ]]が[[エスガロス]]を襲った時、[[ビルボ・バギンズ]]が見付けたスマウグの弱点である、宝石の鎧に空いた左胸の穴を[[ツグミ]]から聞いたバルドは、[[黒い矢]]でそこを射抜いてスマウグを仕留めた。

その後バルドは、スマウグによって破壊されたエスガロスの復興を指揮する。さらに彼は、[[闇の森]]の[[エルフ]]たちに救援を要請する使者を送る。使者たちはその途中で、スマウグの死の知らせを聞いた[[スランドゥイル]]が、はなれ山の財宝を回収するために直々に率いていたエルフたちの一隊に出会う。エスガロスの住民たちの窮状を知ったスランドゥイルは、はなれ山に向かう予定を変更して、エスガロスの救援に駆けつけた。

スランドゥイルやバルド達は、[[トーリン二世]]を始めとした[[ドワーフ]]達はスマウグに殺されたと思っていた。そのためエスガロスの住民たちへの援助が一息つくと、無人で手付かずとなっているはずのスマウグの財宝を回収するため、手の空いているエルフと人間たちを率いて[[はなれ山]]に向かった。
だがトーリン達は生きており、財宝の受け渡しを拒否してバルド、スランドゥイルたちとにらみ合いとなる。そこに[[オーク]]と[[魔狼(ワーグ)>ワーグ]]の軍が襲来したために、ドワーフたちと休戦して共闘することを決め、[[五軍の合戦]]が始まった。

バルドはこの戦いでも生き残り、ドワーフとも和解する。バルドは、スマウグの財宝の分け前の中から[[ギリオン]]のエメラルドの首飾りを、援助への感謝の証しとしてスランドゥイルに贈った。
その後バルドは[[谷間の国]]を再建し王となった。谷間の国は、再興された[[山の下の王国]]のドワーフたちとも友好関係を結び、繁栄した。

谷間の国の王位は、バルドの息子[[バイン]]が継いだ。

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#Hobbitmovie]

|~俳優|[[ルーク・エヴァンズ]]|
|~日本語吹き替え|[[山路和弘]]|

息子のバインのほかに、[[シグリッド]]、[[ティルダ]]という2人の娘がいる。妻は死去している。
原作では、息子のバインが後継者になったことしかはっきりしていないが、[[シグリッド]]、[[ティルダ]]という2人の娘が登場している。妻は死去している設定。
エスガロスで船頭をしていたところ、偶然トーリン一行に出会い、彼の正体を知らぬまま雇われて、一行がエスガロスに入る手助けをした。だがトーリンの正体と目的を知ると、彼が[[スマウグ]]の眠りを覚ましてしまうことを危惧する。
町の英雄として支持者を持つ一方、[[湖の町の統領]]には、自分の権力を脅かす存在として敵視されていた。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)