#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2017-07-28T02:38:08+09:00","","")
* ノウム [#nbc876b4]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|Gnome|
|~その他の呼び名|ノウム(土鬼)|
|~スペル|Gnome(単) / Gnomes(複)|
|~異訳|土鬼|

** 解説 [#Explanation]

『[[ホビットの冒険]]』の初期の版で、''地の[[エルフ]]''(即ち''[[ノルドール]]'')を指すのに使われることもあると書かれていた言葉。[[トールキン]]が改訂を施した『ホビットの冒険』後期の版では、この表記は削除されたため、廃案にされたものと考えられる。
[[瀬田貞二]]訳の[[岩波書店]]版『ホビットの冒険』は削除前の第2版を底本としているためそのまま登場する。[[山本史郎]]訳の[[原書房]]版『[[ホビット ゆきてかえりし物語]]』本文は削除後の第4版を底本としているため登場しない。
『[[ホビットの冒険]]』の初版および第二版で、[[西のくに>アマン]]の[[上のエルフ]]のうち、''地のエルフ''(即ち''[[ノルドール]]'')を指すのに使われることもあると言及される言葉。第三版でこの語は削除された。
[[瀬田貞二]]訳の[[岩波書店]]版『ホビットの冒険』は第二版を底本としているためそのまま登場する。[[山本史郎]]訳の[[原書房]]版『[[ホビット ゆきてかえりし物語]]』本文は第三版を底本としているため登場しない。

妖精としてのgnomeは16世紀の錬金術思想家パラケルススの著作に登場した地の精に由来し、そこから次第に民話の存在となっていった。ラテン語の「大地」が語源と考えられている。通常白いあごひげを生やした猫背の地の精、小鬼で、地中の宝を守ると信じられた。そこから転じて、国際的金融業者を表わす口語ともなっている。
妖精としてのgnomeは16世紀の錬金術思想家パラケルススの著作に登場した地の精に由来し、そこから次第に民話の存在となっていった。ラテン語の「gēnomos(大地の住人)」が語源と考えられている。通常白いあごひげを生やした猫背の地の精、小鬼で、地中の宝を守ると信じられた。そこから転じて、国際的金融業者を表わす口語ともなっている。
また、英語では同じ綴りの単語にgnome「格言」がある。これはknowと同根で「知識」が原義である。妖精gnomeの語源をこちらに求める向きもある。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)