#author("2020-02-02T12:51:32+09:00;2019-12-07T23:14:08+09:00","","")
* ニエンナ [#a08de752]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Nienna|
|~その他の呼び名|かの女、フイ|
|~種族|[[ヴァラ]]|
|~その他の呼び名|憐れみと哀しみの女神(Lady of pity and mourning)|
|~種族|[[アイヌア]]([[ヴァラール]])|
|~性別|女|
|~生没年|不明|
|~親|[[イルーヴァタール]]|
|~兄弟|[[ナーモ]]、[[イルモ]]|
|~生没年||
|~兄弟|[[ナーモ]]、[[イルモ]](兄弟)|
|~配偶者|なし|
|~子|なし|

** 解説 [#Explanation]

[[アラタール>ヴァラール#Aratar]]の中に数えられる[[ヴァリエア]]の一人。[[フェアントゥリ]]兄弟([[ナーモ]]と[[イルモ]])の妹。
独り身で、[[マンドスの館]]近郊にある、世界の外に開いた窓のある館「フイ(Fui=濃霧によって薄暗い状態を意味する)」に住居を構えている。壮麗な[[ヴァリノール]]の都に赴くことはめったになく、マンドスの館に出向いて霊魂の世話をしていることが多い。
[[アラタール>ヴァラール#Aratar]]の中に数えられる[[ヴァリエ]]。[[フェアントゥリ]]兄弟([[ナーモ]]と[[イルモ]])の姉妹((『[[シルマリルの物語]]』の邦訳では妹と訳されているが、原書では単に'''sister'''))。
独り身であり、[[アマン]]の西の方、世界の縁に位置し、[[世界の壁>夜の壁]]の外に開いた窓がある館に居を構えている。[[ヴァルマール]]に赴くことは滅多になく、近くにある[[マンドスの館]]に出向いて霊魂の世話をしていることが多い。

彼女は憐れみと哀しみの女神で、絶え間なく涙を流している。だが自らのために泣く事はなく、[[天地創造>アイヌリンダレ]]での[[メルコール]]の不協和音を聞いて以来、彼女の歌は哀歌へと変わり、それ以来その憐みと涙は[[アルダ]]に加えられるあらゆる傷に向けられることになった。メルコールが[[マンドス>マンドス(地名)]]の刑期を終えて[[ヴァラール]]の前で許しを乞いた時には、ただ一人彼の恩赦に口添えをしている。
彼女は憐れみと望みのために歌い、この世のあらゆる悲しみと死を聖めることで力と美へと変える。彼女の嘆きを聞く者は、憐憫と望みをもって耐えることを学び、マンドスの死者たちはその悲しみから叡智と力を与えられる。かの[[オローリン]]もニエンナから忍耐と深い憐憫の心を学んだという。
灰色の頭巾を被り、絶え間なく涙を流している。

>しかし、彼女は自分のために泣くのではない。そしてかの女の嘆く声を聞く者は、&ruby(れんびん){憐憫};と望みをもって耐えることを学ぶのである。((『[[シルマリルの物語]]』「[[ヴァラクウェンタ]]」))

*** 憐れみと哀しみの女神 [#t75b92bb]

>そしてニエンナが立って、[[エゼルロハール]]の築山に上り、灰色の&ruby(ずきん){頭巾};を後ろにずらし、涙で[[ウンゴリアント]]の汚れを洗い流した。そして彼女は、この世の苦しみと[[アルダ]]の受けた傷を悼んで、歌った。((「[[クウェンタ・シルマリルリオン]]第九章 ノルドール族の逃亡のこと」))

ニエンナは[[創世の音楽>アイヌリンダレ]]で[[メルコール>モルゴス]]の不協和音を耳にして以来、悲しみを覚え、彼女の歌は哀歌となって音楽の主題に取り込まれることとなった。
その憐みと涙は[[アルダ]]に加えられるあらゆる傷にそそがれている。メルコールが[[マンドス]]の砦での刑期を終えて[[ヴァラール]]の前で許しを乞いた時には、ただ一人彼の恩赦に口添えをした。

[[ヤヴァンナ]]の歌により生誕した[[二本の木]]は、ニエンナが涙を注いだ[[築山>エゼルロハール]]より生い茂り、その最後の花と果実である[[月]]と[[太陽]]もまた、ヤヴァンナの歌とニエンナの涙によって生じることができた。
かの[[オローリン]]も、ニエンナから忍耐と深い憐憫の心を学んだという。

当初は、マンドスの妻で「死の女王」と設定されていたが、のちに妹に変更させた。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)