* ニエノール [#wbf8d9cf]
** 概要 [#i9322740]

|~カテゴリー|人名|
|~スペル|Nienor|
|~その他の呼び名|ニーニエル(Níniel)|
|~種族|[[人間]]([[エダイン]])|
|~性別|女|
|~生没年||
|~親|[[フーリン>フーリン(ガルドールの息子)]](父)、[[モルウェン>モルウェン(バラグンドの娘)]](母)|
|~兄弟|[[トゥーリン]](兄)、[[ラライス]](姉)|
|~配偶者|トゥーリン|
|~配偶者|[[トゥーリン]]|
|~子|なし(子を宿すも、出産前に母子共に死亡)|

** 解説 [#sc4fd384]

名は「哀しみ」の意。[[フーリン>フーリン(ガルドールの息子)]]と[[モルウェン>モルウェン(バラグンドの娘)]]の娘で、[[トゥーリン]]と[[ラライス]]の妹にあたる。

*** ドル=ローミンからドリアスへ [#k76a99ee]
*** [[ドル=ローミン]]から[[ドリアス]]へ [#k76a99ee]

[[ドル=ローミン]]に母と共に住んでいたが、幼いうちに[[ドリアス]]に脱出していた[[トゥーリン]]に会うため、母と共に自分もドリアスに向かう。しかしそのときにはトゥーリンは既にドリアスにいなかった。モルウェンとニエノールは、そのまま[[シンゴル]]の客として[[ドリアス]]に留まった。
ドル=ローミンに母と共に住んでいたが、幼いうちにドリアスに脱出していたトゥーリンに会うため、母と共に自分もドリアスに向かう。しかしそのときにはトゥーリンは既にドリアスにいなかった。モルウェンとニエノールは、そのまま[[シンゴル]]の客としてドリアスに留まった。
やがて[[ナルゴスロンド]]が陥落し、ナルゴスロンドにいた[[モルメギル]]がトゥーリンその人だったという知らせがドリアスに届くと、モルウェンはトゥーリンを捜す旅に出る。ニエノールは、モルウェンを連れ帰すべく出発した[[マブルング>マブルング(ドリアス)]]達に密かに混じって、モルウェンの後を追った。

*** グラウルングの呪い、実の兄との再会と結婚 [#b07ecaad]
*** [[グラウルング]]の呪い、実の兄との再会と結婚 [#b07ecaad]

やがてマブルングとニエノールはモルウェンと合流したが、そこで[[グラウルング]]の襲撃に遭う。一行はちりぢりとなり、ニエノールはグラウルングに呪いをかけられて、記憶と言葉を奪われた。
グラウルングが去った後、ニエノールの姿は戻ってきたマブルングらに発見される。彼らはニエノールをドリアスに連れ帰ろうとしたが今度は[[オーク]]の襲撃に遭った。するとニエノールはオークからもエルフからも逃げてただ一人走り去る。やがて[[ハウズ=エン=エルレス]]にて倒れているところを[[トゥーリン]]に発見される。ニエノールは記憶を失ったままであり、トゥーリンは彼女が自分の妹だと気がつかなかったため、トゥーリンによって「涙乙女」の意であるニーニエルの名を与えられた。
やがてマブルングとニエノールはモルウェンと合流したが、そこでグラウルングの襲撃に遭う。一行はちりぢりとなり、ニエノールはグラウルングに呪いをかけられて、記憶と言葉を奪われた。
グラウルングが去った後、ニエノールの姿は戻ってきたマブルングらに発見される。彼らはニエノールをドリアスに連れ帰ろうとしたが今度は[[オーク]]の襲撃に遭った。するとニエノールはオークからも[[エルフ]]からも逃げてただ一人走り去る。やがて[[ハウズ=エン=エルレス]]にて倒れているところをトゥーリンに発見される。ニエノールは記憶を失ったままであり、トゥーリンは彼女が自分の妹だと気がつかなかったため、トゥーリンによって「涙乙女」の意であるニーニエルの名を与えられた。
その後[[ブレシル]]の婦人の看護を受け、言葉を習い、[[ブランディア]]の癒しの術によってニーニエルは回復する。そのまま、実の兄妹とは知らずトゥーリンと結婚した。
やがてトゥーリンの子を身籠もるが、トゥーリンがグラウルングと戦うために出陣すると、その後を追う。

グラウルングがトゥーリンに殺されると、ニーニエルはグラウルングの呪いが解け、失われていた記憶を取り戻す。だが彼女は、グラウルングの毒にやられて倒れているトゥーリンを発見してしまう。すると、彼を死んだと思いこんで[[カベド=エン=アラス]]の崖から身を投げて自殺する。死体は発見されなかった。

** コメント [#g7dae6cb]

- 死ぬ時の「さようなら、二重に愛するお方よ」の言葉が、かなり可哀想。 -- ひあごん

#comment