* ニアナイス・アルノイディアド [#q5a4c62e]
** 概要 [#lcb6b65e]

|~カテゴリー|歴史・事件|
|~スペル|Nirnaeth Arnoediad|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#k4949237]

[[シンダール語]]で「数え尽くせぬ涙」の意。[[ベレリアンド]]の第五の合戦の名。
[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]が、[[モルゴス]]の鉄の冠から[[シルマリル]]の一つを獲得するという偉業を達成したため、それよって打倒[[モルゴス]]の望みを取り戻した[[マイズロス]]が、[[マイズロスの連合]]を提唱して[[アングバンド]]への共同戦線を主張したことにより始まった戦い。
しかし[[フェアノール]]の誓言が嫌われたため、[[ナルゴスロンド]]からは[[グウィンドール]]ら僅かな者が参戦したのみであり、[[ドリアス]]からは[[マブルング>マブルング(ドリアス)]]と[[ベレグ>ベレグ(ドリアス)]]が[[フィンゴン]]の軍勢に加わって戦った以上の助力は得られなかった。
その一方で[[フィンゴン]]の軍勢、[[青の山脈]]の[[ナウグリム]]、[[ハドル>ハドル(ハソルの息子)]]と[[ハラディン]]の[[人間]]らが戦いに参加する。連合軍は[[ベレリアンド]]の北方を解放し、東と西から[[アングバンド]]を攻撃した。ところが[[ウルドール]]ら[[人間]]の裏切りによって連合軍は敗北する。その結果[[グウィンドール]]、[[フーリン>フーリン(ガルドールの息子)]]は捕らえられ、[[ハルディア>ハルディア(ハルミアの息子)]]、[[アザガール]]、[[フィンゴン]]、[[フオル]]らが討ち死にした。

** コメント [#m992f94e]

- この戦いのまっただ中で、フオルがトゥアゴンへ述べた台詞が印象的。結果としてフオルの予言?は、フオルの息子トゥオルと、トゥアゴンの娘イドリルの子エアレンディルに成就する。
「しかし、今しばらくゴンドリンが倒れずにあれば、その時は殿の御家からエルフと人間の望みが生まれるでありましょう。王よ、わたくしはこのことを、死にゆく者の目で王に申し上げるのです。(後略)」
- 旧版のシルマリルリオンでは「尽きぬ涙の合戦」と呼ばれています。読むとホントに涙が尽きない・・・誓言にいまだ縛られながらも、上級王の位を捨てたマイズロスの呼びかけ。それを頑なに拒むドリアスとナルゴスロンド。信義と報恩のために出陣するドワーフたち、そしてエルダールに苛烈なまでの忠誠を尽くす、エダイン王家の勇士たち!東夷たちの中で唯一、暗黒の力に刃向かうボオルとその息子たち。そしてついに来てはくれないかに思われたゴンドリン軍の参戦・・・。第一紀のオールスターキャストです。もしや、勝利をつかめるのではないかとさえ思えました。それなのに・・・(涙) --  &new{2007-11-06 (火) 00:23:35};
- この戦いは、ほんとに悲しい。マイズロスの悲壮な決意が身にしみて伝わってきます --  &new{2008-09-05 (金) 20:15:13};
- 二つの大国、ドリアスとナルゴスロンドが本腰いれて参戦してたら結果も変わってたのかなあ・・・それともやはり勝てなくてもっと多くの者が死んで更に悲劇的になってたのか・・・ --  &new{2008-12-22 (月) 20:47:46};
- 僅差の勝負だったようなので、ナルゴスロンドの戦力やシンゴルの威光が加わっていれば、モルゴスその人を除く彼の軍勢を撃破した可能性はあるでしょう。だからこそ、モルゴスもエルダールの仲を裂くための術策を弄し続けたわけです。 --  &new{2008-12-26 (金) 10:37:07};

#comment