* ナルマキル二世 [#g7cbe03f]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Narmacil II|
|~その他の呼び名||
|~種族|[[人間]]([[ドゥーネダイン]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]](1684)~†1856(享年172)。在位1850~1856(6年間)|
|~親|[[テルメフタール]](父)|
|~兄弟|[[アルキアヤス]](弟)|
|~配偶者||
|~子|[[カリメフタール>カリメフタール(ナルマキル二世の息子)]](息子)|

** 解説 [#Explanation]

|>|>|~[[ゴンドール]]の王(編集中です。ご協力をお願いします)|h
|CENTER:第template代&br;[[template(先代の名)]]&br;template~template|CENTER:第template代&br;''template(本人の名)''&br;[[第三紀]]template~template|CENTER:第template代&br;[[template(次代の名)]]&br;template~template|

[[テルメフタール・ウンバールダキル>テルメフタール]]の息子で[[アルキアヤス]]の兄。[[カリメフタール>カリメフタール(ナルマキル二世の息子)]]の父。
[[ゴンドール]]29代目の王。1856年に[[アンドゥイン]]の先での[[馬車族]]との戦いで討ち死にした。結果、ゴンドールの東の国境がアンドゥインと[[エミン・ムイル]]まで後退し、[[ロヴァニオン]]東南部の住民が奴隷にされた。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)