* ナウグラミーア [#ac8f0680]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|物・品の名前|
|~スペル|Nauglamír|
|~異訳|ナウグラミア|
|~その他の呼び名|ドワーフの頸飾り(Necklace of the Dwarves)|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]で[[ドワーフ]]の首飾りの意。
[[青の山脈]]のドワーフが、[[フィンロド・フェラグンド>フィンロド]]のために作った首飾り。金で作られていて、[[ヴァリノール]]の多数の宝石が埋め込まれ、身につけても重さを感じさせず、さらに誰が身に付けても美しく似合って見えるという魔力があった。
フィンロドは、[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]と共に[[ナルゴスロンド]]を出発するとき、ナウグラミーアは置いていく。やがてナルゴスロンドは[[グラウルング]]に占領され、ナウグラミーアも廃墟となったナルゴスロンドに残されたままとなった。
その後、グラウルングが去ったあとのナルゴスロンドから、[[フーリン>フーリン(ガルドールの息子)]]がナウグラミーアを持ち出し、これを[[シンゴル]]に与えた。シンゴルは、[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]が持ってきた[[シルマリル]]の一つを、この首飾りに填め込むことを思いつき、[[ノグロド]]のドワーフに仕事を請け負わせた。結果、[[エルフ]]とドワーフの傑作が融合した、素晴らしい首飾りが誕生した。
だがその後、ナウグラミーアの所有権を主張してシルマリルとナウグラミーアを欲するドワーフとの争いが発生し、シンゴルはドワーフに殺された。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,,,,,reply)