-『ホビットの冒険』に登場したドワーフ、トーリン・オーケンシールド(Thorin Orkenshield)については[[トーリン二世]]を参照してください。
-ダイン二世の息子で、エレボールの山の下の王国の王位を継いだトーリン三世(Thorin III)については[[トーリン三世]]を参照してください。
----
* トーリン一世 [#j991c206]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Thorin I|
|~その他の呼び名||
|~種族|[[ドワーフ]]([[長鬚族]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]]2035~2289(享年254)。在位2190~2289(99年間)|
|~親|[[スライン一世]](父)|
|~兄弟||
|~配偶者||
|~子|[[グローイン>グローイン(トーリン一世の息子)]](息子)|

** 解説 [#Explanation]

|>|>|~[[長鬚族]]の王|h
|CENTER:先代&br;[[スライン一世]]&br;1981~2190|CENTER:''トーリン一世''&br;[[第三紀]]2190~2289|CENTER:次代&br;[[グローイン>グローイン(トーリン一世の息子)]]&br;2289~2385|

[[ドゥリン一族>長鬚族]]の王。
[[第三紀]]2210年にトーリンは父[[スライン一世]]が築いた[[はなれ山]]の王国から、[[灰色山脈]]へと移住した。当時の灰色山脈はあまり開発が進んでおらず、[[ドゥリンの一族]]の多くがこの地に集っていたからである。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)