* トゥルカス [#scda11cd]
** 概要 [#y3be2bfb]

|~カテゴリー|人名|
|~スペル|Tulkas|
|~その他の呼び名|アスタルド(Astaldo)((「剛勇なる者」の意))|
|~種族|[[ヴァラ]]|
|~性別|男|
|~生没年||
|~親||
|~兄弟||
|~配偶者|[[ネッサ]]|
|~子||

** 解説 [#k22066d2]

名は「力と武勇において最も優れたる者」の意。
[[メルコール]]と戦っている[[ヴァラール]]たちを援助するため、最後に[[アルダ]]にやってきてそのまま留まったヴァラ。両の手のみを武器とし、その足で走るだけで、地上を走るもの全てを追い越すという。后は[[ネッサ]]。
トゥルカスは[[メルコール]]の次に力が強く、[[ウトゥムノ]]における[[ヴァラール]]と[[メルコール]]との戦いで活躍し、メルコールを打ち負かした。メルコールが一度[[マンウェ]]に許されてからは自制心をもってマンウェに従っていたが、メルコールの反逆が明らかになると、メルコールを捕らえるために赴いている。

物事に無頓着で、「かれは過去にも未来にもほとんど頓着することなく、助言者としては全く役に立たないが、辛苦に耐える友である」とある。また「容易に怒らぬ代わりに、容易に忘れることもなかった」とあり、仇敵メルコールに深い憎しみを持っていた。

** コメント [#y57238e6]

- 何せ、「よくも不協和音を響かせやがって」と言ってたものね、トゥルカスさん。 -- 日暮かごめ
- 力は凄く強いのに、頭の方はさっぱりなのか、彼の予言はあてにならない(笑)
- 「笑いながら怒る人」。シルマリルリオンの記述はともかく、私的にはオロメよりこわい。 -- たー
- 実写ならやっぱシュワルツネッガー? --  &new{2007-12-01 (土) 23:21:57};
- どう想像してもコナン・ザ・グレートのようなお姿しか思い浮かびません。 --  &new{2008-09-07 (日) 22:11:00};
- 怒りの戦いの時に、この方はベレリアンドに来たのでしょうか?来てないとしたら…ずいぶん長い事仕事してないんだなあ… --  &new{2009-02-03 (火) 02:05:53};
- トゥルカスの性格からして、メルコールを自らの手で再び捕らえるチャンスを逃すことはなかったと思います --  &new{2009-02-03 (火) 02:22:21};

#comment