#author("2021-10-03T00:30:23+09:00;2020-07-12T18:32:38+09:00","","")
* ツグミ [#v36f2bb2]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[動物]]|
|~スペル|thrush|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#Explanation]

[[はなれ山]]にいた、一匹の年老いた大きなツグミ。[[中つ国]]のツグミは魔力のある鳥で、200年生きていてもおかしくないほど長生きだったと言われる。[[谷間の国]]の[[人間]]の血を引いている者にはツグミの言葉が理解でき、かつて人々はツグミを使って知らせを伝えあったという。
[[中つ国]]のツグミは魔力のある鳥で、200年生きていてもおかしくないほど長生きだったと言われる。[[谷間の国の人間]]やその血を引いている者はツグミの言葉を理解することができ、かつてはツグミを使って知らせを伝えあったという。

[[トーリン二世]]たちが[[はなれ山]]に遠征したときにいたツグミは、はなれ山の秘密の扉の鍵穴を掘り出し、また[[ビルボ・バギンズ]]が見付けた[[スマウグ]]の弱点を[[バルド]]に教えた。その後、[[からすが丘]]のトーリンの許に[[ロアーク]]を連れてきて、[[スマウグ]]が討たれたことを彼らに知らせた。
[[トーリンとその仲間]]が[[エレボール]]にたどり着いた時、隠し戸の入口には1羽の年老いた大きなツグミがいた。このツグミは岩壁をつついて秘密の扉の鍵穴を掘り出し、また一行の会話に耳を傾けて[[ビルボ・バギンズ]]が[[スマウグ]]の鎧の左胸にほころびを発見したことを聞き取る。スマウグが[[エスガロス]]を襲撃した時、このツグミは[[バルド]]のもとに飛んできてスマウグに弱点があることを教えた。

>「まて、まて!」とツグミが、バルドにいいました。「いま月がのぼる。竜が飛んできてあなたの上で身をひるがえす時、左のむなさきの穴をみよ。」((『[[ホビットの冒険]]』「火と水」))

その後、このツグミは[[からすが丘]]の[[トーリン>トーリン二世]]の許に[[大ガラス]]の[[ロアーク]]を連れてきた。

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#Hobbitmovie]

言葉を話す場面がないため、[[バルド]]に[[スマウグ]]の弱点を教えるシーンなどもなく、[[エレボール]]の秘密の入り口に現れるのみ。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)