#author("2020-01-15T01:46:29+09:00;2016-06-07T01:30:04+09:00","","")
* ダゴール・アグラレブ [#uec97a50]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[歴史・事件]]|
|~スペル|Dagor Aglareb|
|~その他の呼び名|第三の合戦(Third Battle)|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]で「&ruby(かくかく){赫々};たる勝利の合戦(Glorious Battle)」の意。[[宝玉戦争]]における第三の合戦。[[モルゴス]]が[[ノルドール]]の軍事力を試そうとして仕掛けた戦い。

[[鉄山脈]]が突如として噴火し、[[オーク]]の大群が[[アルド=ガレン]]の平原を渡って西は[[シリオンの山道]]、東は[[マグロールの山間]]を通って[[ベレリアンド]]へ侵攻してきた。だが十分に警戒していた[[フィンゴルフィン]]と[[マイズロス]]はモルゴス軍の本隊が[[ドルソニオン]]を襲撃しようとしていることに気付いており、先に侵入したオークを他の者に任せてこの本隊を東西から挟撃して敗退させると、今度は敗走する敵をアルド=ガレンで追撃し、[[アングバンド]]の門が見えるところで最後の一兵に至るまで潰滅させた。

合戦自体はその名の通りノルドール側の勝利だったが、ノルドールの公子たちはモルゴスの脅威を再認識し、彼に対する包囲を強化した。こうして400年近く続く[[アングバンドの包囲]]が始まった。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)