#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2017-12-14T07:56:00+09:00","","")
* ダゴルラド [#yfb63f18]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Dagorlad|
|~その他の呼び名|戦場が原(Battle Plain)|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]で「戦いの平原」の意。[[共通語]]では''戦場が原''と呼ばれる。[[エミン・ムイル]]の東、[[モルドール]]の北に広がる荒野。
[[第二紀]]3434年、[[霧ふり山脈]]を越えてきた[[最後の同盟]]の軍勢と、それを迎え撃った[[サウロン]]の軍勢との間で緒戦が開かれた場所であり、それ以来この名で呼ばれるようになった。戦いは熾烈を極めて多数の戦死者を出し、かれらを葬った墓場は後に沼地に呑み込まれて[[死者の沼地]]と化した。
[[シンダール語]]で''&ruby(いくさ){戦場};が原''の意。[[エミン・ムイル]]の東、[[モルドール]]の北に広がる荒野。

[[第二紀]]3434年、[[霧ふり山脈]]を越えてきた[[最後の同盟]]の軍勢と、それを迎え撃った[[サウロン]]の軍勢との間で緒戦が開かれた場所であり、それ以来この名で呼ばれるようになった。戦いは熾烈を極めて多数の戦死者を出し、かれらを葬った墓場は後に沼地に呑み込まれて[[死者の沼地]]と化した。この戦いで同盟軍は勝利を収め、モルドールに攻め入って[[バラド=ドゥーア]]包囲戦が開始された。

また[[第三紀]]1899年には、[[ゴンドール]]の[[カリメフタール>カリメフタール(ナルマキル二世の息子)]]王が[[東夷]]([[馬車族]])の軍勢をこの地で打ち破った。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)